池松壮亮×蒼井優×塚本晋也監督の時代劇「斬、」ベネチア国際映画祭コンペ部門に出品! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月25日 > 池松壮亮×蒼井優×塚本晋也監督の時代劇「斬、」ベネチア国際映画祭コンペ部門に出品!
メニュー

池松壮亮×蒼井優×塚本晋也監督の時代劇「斬、」ベネチア国際映画祭コンペ部門に出品!

2018年7月25日 19:30

生きること、そして死ぬことの意味を問う衝撃作「斬、」

生きること、そして死ぬことの意味を問う衝撃作
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 塚本晋也監督が初挑戦した時代劇映画で、池松壮亮が主演、蒼井優がヒロイン役を務めた「斬、」が、第75回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に正式出品されることがわかった。塚本監督にとって、前作「野火」に続く同部門出品となった。

同監督が出演、脚本、撮影、編集、製作も兼ねた完全オリジナル作品。開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期を舞台に、時代の波に翻ろうされるひとりの浪人(池松)と、不穏な時代を精一杯生きる農家の娘(蒼井)らの姿を通して“生と死の問題”に迫っていく。

塚本監督とベネチアの縁は深く、過去に「六月の蛇」(2002)がコントロコレンテ部門の審査員特別大賞、「KOTOKO」(11)がオリゾンティ部門の最高賞を受賞している。それだけに、「初めての時代劇とともにベネチアの地を踏めるのがうれしいです。行く、というより、帰ってきた、と思わせてくれる映画祭」と明かし、「池松さん、蒼井さんらの素晴らしい演技を見ていただけるのが、一番の喜びです。同時に、今を生きる人たちの心に、鋭い刃を突きつけたいと思っています」と意気込んだ。

さらに池松は「ベネチア国際映画祭に初参加です。作品にとても自信があるので、胸を張って向かいたいと思います」といい、「普段日本にいてもなかなか感じることのできない手触り、映画を通して世界を体感することがとても楽しみです」と期待。蒼井は「塚本監督おめでとうございます。この作品でベネチア国際映画祭に参加できて幸せです。素晴らしい映画祭に連れて行ってくださる塚本監督に、とにかく感謝しています」と祝意と感謝を伝え、「共演者として池松さんの芝居をべネチアの人たちに見てもらえることが本当に嬉しいです。日本の“色気”を感じてもらいたいです」と述べた。なお「シェイプ・オブ・ウォーター」のギレルモ・デル・トロ監督がコンペ部門審査員長を務める第75回ベネチア国際映画祭は、現地時間8月29日に開幕する。

あわせて、池松と蒼井の射抜くような眼差しが印象的なティザービジュアルも披露された。「斬、」は、11月24日から東京・渋谷のユーロスペースほか全国公開。

(映画.com速報)
SHINYA TSUKAMOTO Blu-ray SOLID C...[Blu-ray/ブルーレイ] SHINYA TSUKAMOTO Blu-ray SOLID C...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,252 セックスレスの夫婦とその妻のストーカーによる、ゆがんだ性愛の行方を描いた官能ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi