中華まんが赤ちゃんに!「インクレディブル・ファミリー」同時上映作「Bao」予告編公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月20日 > 中華まんが赤ちゃんに!「インクレディブル・ファミリー」同時上映作「Bao」予告編公開
メニュー

中華まんが赤ちゃんに!「インクレディブル・ファミリー」同時上映作「Bao」予告編公開

2018年7月20日 18:00

可愛い中華まんの赤ちゃんと人間の 「親子の絆」が描かれる「Bao」

可愛い中華まんの赤ちゃんと人間の
「親子の絆」が描かれる
(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アニメーション映画史上全米歴代No.1ヒットを記録している「インクレディブル・ファミリー」の同時上映作品で、すでに「泣ける感動作」として話題を集めている短編アニメ「Bao」の予告編と場面写真が公開された。

中国生まれ、カナダ育ちのクリエイター、ドミー・シーが自身の母親との関係を基に、せいろの中で生まれたBao(バオ=中華まん)の赤ちゃんと人間の母親の愛情あふれる絆を描く。ディズニー/ピクサー初の女性監督作にして、初のアジア人監督作。また、「食べ物」が主人公となる作品としても、ディズニー/ピクサー初となる。

このほど公開された予告編では、赤ちゃんの泣き声が聞こえてくる蒸しせいろに女性が恐る恐る近づいてのぞき込むと、小さな肉まんに手足が生え、赤ちゃんの姿に変わる姿が収められている。女性が手の平ですくい上げると、赤ちゃんは喜びの表情を浮かべ、女性は優しさいっぱいに頬をすり寄せる。

シー監督は食べものをモチーフにしたことについて、「私は食べものにまつわる昔話も好きなんです。例えば、キュートでちょっと奇妙なジンジャーブレッドマン(ヒト型のクッキー、ビスケット)。その中国版をやってみたいと思いました。そもそも中国の文化では、家族と食べものはいつも一体です。そこで私が大好きなもの、つまり食べものと、私が個人的に経験したことを盛りこんだものにしようと決めました」と語り、父親が家を離れがちだったため、母親との時間が多かったという経験が盛り込まれていることを明かしている。

Bao」は、「インクレディブル・ファミリー」と同時上映で、8月1日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi