大野拓朗、モテ男役に“迷言”連発「生まれてからずっとモテている」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月11日 > 大野拓朗、モテ男役に“迷言”連発「生まれてからずっとモテている」
メニュー

大野拓朗、モテ男役に“迷言”連発「生まれてからずっとモテている」

2018年7月11日 16:30

大野拓朗と夏帆

大野拓朗と夏帆
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の大野拓朗と女優の夏帆が7月11日、テレビ大阪の連続ドラマ「グッド・バイ」の会見を都内で行った。

同局制作の初の連ドラで、太宰治の未完の小説を基にした羽生生純氏の同名漫画をドラマ化したオリジナルコメディ。5人の愛人を持つモテ男・田島毛が、偶然出会った高校の先輩・別所の力を借りて次々に別れ話を切り出していくドタバタ劇だ。

愛人役は佐津川愛美奥菜恵らが演じ、大野は「終盤で(愛人が)一堂に会して、僕を中心に円陣ができた時は幸せでした。怒られているのにうれしかった」と満面の笑み。「ゲスなことをいろいろとしますが、田島毛はただ真っすぐ純粋に愛しているだけ。間違ったことはしていない。ゲスかわいい役です」と力説した。

それを聞いた夏帆は「セリフのまんま」と苦笑。同じ原作の舞台を愛人役で経験したことがあるが、「脚本が面白くて、撮影も終盤なのにどうなっていくのか想像ができない。今までに見たことのないドラマになりそうで、2人の関係性が変わっていくさまも面白いと思って演じています」と期待した。

撮影現場のスタッフに、2人の恋人と同時に付き合っている“リアル田島毛”がいるそうで、「2人とも好きなんだもんって、まっすぐで放っておけないんですよ。計算してやっている役づくりに使っています。人たらしなんだろうなあ」と感心。だが、夏帆は「私はさげすんで見ています。ついつい説教じみたことを言っている」とバッサリ切り捨てた。

モテる男の条件を問われた大野が、「僕みたいな人のことですかねえ」とまじめな表情で答えると会場はシーン。夏帆にも冷たい視線を送られ「ちょっと、今のは笑うところ。引かないで」と照れ笑い。さらに、自身のモテ期についても「きたことがない。生まれてこの方、ずっとモテているから」と“迷言”を吐き、「まあ、こういうキャラでやっていますから」と自らを納得させていた。

「グッド・バイ」は7月14日スタート、テレビ大阪で毎週土曜深夜0時56分から、BSジャパンで同深夜0時から放送される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi