「glee」クリス・コルファーのベストセラー小説が待望の日本発売 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年7月4日 > 「glee」クリス・コルファーのベストセラー小説が待望の日本発売
メニュー

「glee」クリス・コルファーのベストセラー小説が待望の日本発売

2018年7月4日 12:00

ファンタジー小説「ザ・ランド・ オブ・ストーリーズ」シリーズ出版「メッセージ」

ファンタジー小説「ザ・ランド・
オブ・ストーリーズ」シリーズ出版
(C)Brian Bowen Smith/FOX
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米俳優クリス・コルファーによるファンタジー小説「The Land of Stories」シリーズの邦訳版、第1巻「ザ・ランド・オブ・ストーリーズ 願いをかなえる呪文」が7月4日に出版された。シリーズ全6巻が順次刊行される。

大ヒットドラマ「glee」(09~15)で俳優デビューしたコルファーは、ゲイの少年カート役で大ブレイクし、2011年にはゴールデングローブ賞で最優秀助演男優賞を受賞。12年に「The Land of Stories」シリーズで小説家デビューを果たし、ベストセラー作家となった。

「The Land of Stories」シリーズは、「白雪姫」「シンデレラ」「赤ずきん」といったおなじみの童話をベースに、童話に込められた生きるためのメッセージを、フィクションを巧みに織り交ぜながら伝える冒険ファンタジー。現在、世界27カ国で出版、あるいは出版が予定されている。一方で、「ナイト・ミュージアム」「メッセージ」のショーン・レビのプロデュースのもと、コルファーの監督・脚本で映画化企画も進行中だ。

物語の主人公は、おばあちゃんにもらった絵本“ザ・ランド・オブ・ストーリーズ”の中に落っこちた双子の兄弟アレックスとコナー。おとぎ話の「幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし」の後の世界にやってきたふたりが、元の世界に戻るため、「願いをかなえる呪文」を求め旅に出る。

米デイリー・ニュースでコルファーは、幼少期に母親がおとぎ話を読み聞かせてくれたことが、同シリーズを執筆したきっかけであることを告白。「僕はふたご座だから、いつも2つの思考方法で物を考えてるんだけど、それはありがたくもあり、苦しいものでもあるんだ。主人公のアレックスは、僕のよい面、人を喜ばせるところが出ていて、もう1人の主人公コナーは僕の皮肉っぽいところ、お調子者な面が出ている。2人とも、違う形だけど、まさしく僕なんだ」と、主人公たちが自分の“分身”であることを語っている。

第2巻以降の刊行予定は以下の通り。第2巻「帰ってきた魔女(仮)」は18年10月、第3巻「グリムのおしえ(仮)」は19年1月、第4巻「王国を越えて(仮)」は19年4月、第5巻「コナーの長い冒険(仮)」は19年8月、第6巻「二つの世界の衝突(仮)」は19年11月。

(映画.com速報)
ナイト ミュージアム ブルーレイコレクション[Blu-ray/ブルーレイ] ナイト ミュージアム ブルーレイコレクション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,566 真夜中になると展示物たちが動き出す驚異のミュージアムで巻き起こる騒動を描く。主演はベン・スティラー。
メッセージ[Blu-ray/ブルーレイ] メッセージ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,944 鬼才ドゥニ・ビルヌーブが、異星人とのコンタクトを描いた米作家テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を映画化したSFドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi