狂気のデスゲーム開始!家族が殺し合うサイコホラー「トーナメント」7月公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月17日 > 狂気のデスゲーム開始!家族が殺し合うサイコホラー「トーナメント」7月公開
メニュー

狂気のデスゲーム開始!家族が殺し合うサイコホラー「トーナメント」7月公開

2018年6月17日 14:00

「トーナメント」ポスター画像「トーナメント」

「トーナメント」ポスター画像
(C)2016 New Year Productions LLC All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース]家族が殺し合うサイコホラー「トーナメント」が、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで開催される「ワンダーナイト・シネマカーニバル2018」で上映されることが決定。あわせて、予告編と死体と血まみれの凶器でデスゲームの開幕を知らせるポスター画像&場面カットがお披露目された。

映画は、事故で轢き殺してしまった男の死体の隠蔽を図る若夫婦が、思いもよらないデスゲームに巻き込まれていくさまを描く。大ヒットシリーズ「ウォーキング・デッド」でも監督を務めたジュリアス・ラムゼイがメガホンをとった。

大晦日の日、見知らぬ男を轢き殺してしまったリンジー(アレックス・エッソー)とジェフ(ディラン・マクティ)は、事件を隠蔽するため死体を自宅に持ち帰る。しかし、同居しているリンジーの妹ハンナ(パーラ・ヘイニー=ジャーディン)が、ガレージで息を吹き返した男と対面してしまう。一家が混乱に陥るなか、刑事を名乗る男・スミスが現れ、巧みな話術と暴力、そして大金をえさに一家を殺し合いへと誘導。リンジーは、疑心暗鬼に陥りながらもゲームを生き抜くことを決心する。

映像では、轢き殺したと思っていた男のポケットから一家の住所が見つかり、夫婦が不信感を抱く場面からスタート。リンジーがスミスを撲殺しようと試みたり、ジェフが生き返った男の指先を釘で打ち付けたりと、普通の人々が徐々に狂気を帯びていく様子を収めている。最後には、泣き叫ぶハンナに手を掛けようとするリンジーの冷酷な後姿が映し出され、スミスの正体とデスゲームの結末が気になる仕上がりとなっている。

トーナメント」は、7月21日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、9月9日から大阪・シネリーブル梅田で上映。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 来るの評論 来る ホラー小説が強烈エンタメに“変身”。人間の業と闇を描き続ける中島映画の到達点
  • メアリーの総ての評論 メアリーの総て 文学映画というより青春映画。傷つき抑圧された少女が怪物の物語を生み出す
  • マチルダ 禁断の恋の評論 マチルダ 禁断の恋 帝政の理不尽に戦いを挑むマチルダは、まるでチュチュを纏ったファムファタール!
映画評論の一覧を見る
Jobnavi