山寺宏一、梶裕貴からケーキ“あ~ん” 「ニンジャバットマン」公開でサプライズ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月16日 > 山寺宏一、梶裕貴からケーキ“あ~ん” 「ニンジャバットマン」公開でサプライズ
メニュー

山寺宏一、梶裕貴からケーキ“あ~ん” 「ニンジャバットマン」公開でサプライズ

2018年6月16日 14:20

「バットマン」を日本を舞台にアニメ映画化「ニンジャバットマン」

「バットマン」を日本を舞台にアニメ映画化
[拡大画像]

[映画.com ニュース]アメリカの人気ヒーロー「バットマン」を日本のクリエイターがアニメ映画化した「ニンジャバットマン」の公開記念舞台挨拶が6月16日、東京・新宿ピカデリーで行われ、声優を務めた山寺宏一(バットマン役)、高木渉(ジョーカー役)、加隈亜衣(キャットウーマン役)、釘宮理恵(ハーレイ・クイン役)、梶裕貴(ロビン役)、監督の水崎淳平、脚本の中島かずき、キャラクターデザインの岡崎能士が出席した。

15日に60スクリーンで公開された今作。日本の戦国時代にタイムスリップし、最新テクノロジーから切り離されてしまったバットマンが、戦国大名に成り代わって歴史改編をもくろむジョーカーら悪党と戦うさまを描いた。作品の出来栄えに対し、客席から大きな拍手が上がり、キャスト陣も一様に自信をにじませる。水崎監督は、バットマンを大胆アレンジしたことで「アメリカでは卵が飛ぶんじゃないか」と戦々恐々だったそうだが、「でもそんなこともなく拍手をいただき、日本でも拍手をいただいた。やっと寝られるかな」と安堵の表情を見せていた。

また山寺は、今作を振り返り「何回かバットマン役をやらせていてだいて、ついこの間までギャグ寄りだったんですが、今作でかっこいいバットマンをやることができた」とニッコリ。続けて「日本で作ったすごいクオリティの高い作品に参加できて嬉しい」といい、「『レゴ ニンジャゴー』みたいな作品かと思って見始めたら、『ふわあ、違う!』と、その面白さにびっくりした」とクオリティを絶賛する。一方でジョーカー役・高木が「ジョーカー役のプレッシャーもありつつ、(対峙するのが)大先輩の山寺さん」と視線をよこすと、山寺は「大河俳優が何言ってる!? 俺は一生、出られない。せいぜいあなたのバーターで朝ドラに出るくらい」とツッコミを入れ場内を沸かせた。

さらに翌17日が山寺の誕生日(57歳)であることから、壇上にはサプライズバースデーケーキが登場。おもむろにロビン役・梶にスプーンが手渡され、“ファーストバイト”さながら、山寺にケーキを食べさせた。口いっぱいに頬ぼった山寺は「おいしい! バットマン味!」と目を見開き、「誕生日の前日に、最高の作品の舞台挨拶ができて嬉しいです! がんばります、励みになります」と大喜びだった。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi