マット・リーブス監督の火星探索ドラマ、Netflixがゴーサイン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月16日 > マット・リーブス監督の火星探索ドラマ、Netflixがゴーサイン
メニュー

マット・リーブス監督の火星探索ドラマ、Netflixがゴーサイン

2018年6月16日 13:30

マット・リーブス監督「猿の惑星」

マット・リーブス監督
Photo by Alberto E. Rodriguez/
Getty Images for AFI
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「猿の惑星」シリーズを手がけるマット・リーブス監督のSFドラマ「アウェイ(原題)」が、ストリーミング大手Netflixで配信されることが正式決定した。

人類初の有人火星探査を題材にした同作は、夫と10代の娘を地球に残してミッションに出るアメリカ人の女性宇宙飛行士の姿を描く。米エスクァイア誌に掲載された同名記事を下敷きに、ジェイソン・ケイティムズ(「ロズウェル 星の恋人たち」)とアンドリュー・ハインダーエーカー(「THE PATH/ザ・パス」)が脚本を執筆。ケイティムズ、ハインダーエーカー、リーブス監督が製作総指揮を務める。

今年1月にリーブス監督とファーストルック契約を結んだNetflixは、シーズン1全10話の制作を正式に発注。リーブス監督の制作会社6Th & Idahoと、ケイティムズの制作会社トゥルー・ジャック・プロダクションズ、ユニバーサル・テレビジョンが制作を行う。リーブス監督は、かつてJ・J・エイブラムス監督と共同で「フェリシティの青春」の企画・製作総指揮を手がけていた。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi