真田幹也監督「ミドリムシの夢」は“おじさん版トムとジェリーのような映画” : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月12日 > 真田幹也監督「ミドリムシの夢」は“おじさん版トムとジェリーのような映画”
メニュー

真田幹也監督「ミドリムシの夢」は“おじさん版トムとジェリーのような映画”

2018年6月12日 17:00

駐禁を取り締まっているミドリムシの2人「インターン!」

駐禁を取り締まっているミドリムシの2人
(C)「ミドリムシの夢」製作実行委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画監督としても高い評価を得ている俳優・真田幹也の監督最新作「ミドリムシの夢」の撮影がクランクアップした。現在仕上げ作業に入っているが、場面写真を映画.comが独占入手した。

同作は、“ミドリムシ”とも呼ばれる緑色の服を着た駐車監視員という職業をテーマに、コミカルでユーモアのあるおじさんが主人公の青春映画。ハロープロジェクトの舞台脚本などを手がけている太田善也(「インターン!」)が脚本を手がけている。全く異なる4つの事情からなる、現状から「変わりたい人たち」の一晩の話を疾走感をもって描くコメディだ。

主演は、富士たくやほりかわひろき。共演は今村美乃吉本菜穂子佐野和真歌川椎子仁科貴長谷川朝晴戸田昌宏ら個性派・演技派俳優陣が集結した。音楽はタカタタイスケ(PLECTRUM)。入手した場面写真は、駐車禁止を取り締まっているものと、ミドリムシとヒロインが出会うシーン。


画像2

[拡大画像]

駐車監視員を演じた富士は「おじさん二人が 泣いて笑って 時にはケンカして、それぞれの夢に向かって邁進する。おじさん版トムとジェリーのような映画だと思います」とし、ほりかわは「“おっさん達の夢”が詰まった映画ですが、おっさんだけじゃないですので、老若男女すべての人に勇気を与える映画になるでしょう」、そしてがけっぷちアイドルを演じた今村は「念願の原宿系アイドル衣装を着て、歌って踊ります。テクノでリリカルな歌の歌詞にもご注目ください」とそれぞれ作品の見所を語った

真田監督は「僕らの創る映画は皆さんに届いているのだろうか? 少しでも世の中に届くために、少しでも世の中の皆さんに届くために誰もが知っている職業をモチーフにした作品を創りたい。車の中でそう考えていた僕に近づいてきたのは、そう、緑の服を着た街の番人たちでした。果たして彼らは、英雄なのか、悪人なのか。唯一無二のバディームービーが生まれる手応えを感じています」としている。7月に完成予定で、劇場公開を目指している。

なお本作は、クラウドファンディングのプラットフォームMotionGalleryで製作と劇場公開のための支援を募っている(https://eiga.com/official/motion-gallery/#midorimushi)。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi