世界初の長編VR映画に「マトリックス」ヒューゴ・ウィービング : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月6日 > 世界初の長編VR映画に「マトリックス」ヒューゴ・ウィービング
メニュー

世界初の長編VR映画に「マトリックス」ヒューゴ・ウィービング

2018年6月6日 11:00

ヒューゴ・ウィービング「マトリックス」

ヒューゴ・ウィービング
写真:AFP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界初の長編VR映画として話題を呼んでいる「Lone Wolf(原題)」に、「マトリックス」3部作のエージェント・スミス役で知られるヒューゴ・ウィービングが主演することがわかった。米バラエティが報じている。

同作は、1936年のアルフレッド・ヒッチコック監督作「サボタージュ」、クリストファー・ハンプトン監督の「シークレット・エージェント」(96)と、過去に2度映画化されている文豪ジョセフ・コンラッドの小説「密偵」が原作。舞台を現代のオーストラリアに置き換え、警察のスパイとしてアナキスト集団に潜入した主人公(ウィービング)が、一味によるシドニー・オペラハウス襲撃計画を阻止すべく奮闘する姿を通して、現代社会を脅かす狂信やテロリズムといったテーマを追求する。

「目に入るもの全てを常に携帯で録画しているスティービーというキャラクターの視点をうまく生かし、映画全編を監視映像のようなスタイルで撮影するつもりだ。いつも誰かに見守られているという安心感が得られる一方で、プライバシーの侵害という大きな犠牲を払わねばならないといった、監視社会をめぐる葛藤や問題をテーマにしているという点で、これほどタイムリーな映画はないんじゃないかな」と熱く語った監督のジョナサン・オーグルビーは、通常の2D版とVR版の2バージョンを用意する予定であること、さらに、世界初の長編VR映画となるVR版では、多種多様なレンズを駆使して、200度という広視界を3D環境で実現。ヘッドセットを着用するだけで、これまでにないフルVR体験を堪能できる画期的な映画になると豪語した。

今年後半に撮影開始予定の今作は、2019年にオーストラリアで劇場公開。その後は、映画祭や各種イベント、配信サービスでの配給も視野に入れたうえで、全世界公開を目指している。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi