榮倉奈々、ワニに食われて消化寸前!?「妻ふり」本編映像披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月23日 > 榮倉奈々、ワニに食われて消化寸前!?「妻ふり」本編映像披露
メニュー

榮倉奈々、ワニに食われて消化寸前!?「妻ふり」本編映像披露

2018年5月23日 12:00

頭からガブリ!「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」

頭からガブリ!
(C)2018「家に帰ると妻が必ず
死んだふりをしています。」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 榮倉奈々安田顕が夫婦役で共演する映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」の本編映像が、このほどお披露目された。劇中では15パターンの“死んだふり”に挑んでいる榮倉。映像では「ワニに食われるシーン」にフォーカスを当てている。

2010年に「Yahoo!知恵袋」に書き込まれ、コミックエッセイ化もされた「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」という伝説的な投稿を、「デトロイト・メタル・シティ」の李闘士男監督のメガホンで映画化。ある日から毎日のように死んだふりを繰り返すようになった妻・ちえ(榮倉)と、翻弄される夫・じゅん(安田)の日々をコミカルに描く。

本編映像は、会社から帰宅したじゅんが、ワニの口に頭を突っ込みながら“死んだぶり”をしているちえを見つけるシーンからスタート。「喰われてる…」と何度もつぶやくじゅんによって、ワニの口から引っ張り出されたちえは「危なかった…もう少しで消化されるところでした。あなたは命の恩人です! ありがとう!」と喜びを爆発させる。「奇跡の生還だね…」と返事をしながらも固まるじゅんをよそに、ちえは「さあ、ご飯にしましょう!」と何事もなかったかのようにキッチンへ。やがて、カメラはワニに付けられていた値札を活写。定価5万円もする「クロカイマン(1/2モデル)」は、大特価の3800円で購入されたようだ。


ワニの種類は「クロカイマン」「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」

ワニの種類は「クロカイマン」
[拡大画像]

“死んだふり”シーンの撮影は、李監督の「くだらないことこそ本気で」という美学が貫かれ、スタッフたちも自らの分野で本領を発揮。宮前泰志プロデューサーは「まさかあんな本気のワニを作ってくれるとは(笑)。そのワニにちえが喰われるくだりでは、本番前にメイクさんが『これ、ローションかなんかでワニのヨダレを足さなくていいですか?』と。本当にスタッフさんには頭が下がります」と述懐。“死んだふりをしながらちえが喜んでいる姿”の映し方は、李監督が最もこだわっていた部分だったようで「ちえが笑うところが一番大事なんです。それを入れることでちえの可愛らしさが出ると思ったので」とコメントを寄せている。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」は、6月8日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi