「ワイルド・スピード9」の脚本家が決定 新鋭を抜擢

2018年5月21日 11:00

新作は20年4月10日の全米公開を予定
新作は20年4月10日の全米公開を予定

[映画.com ニュース]大ヒットシリーズの最新作となる「ワイルド・スピード9(仮題)」に、新たな脚本家が参加することが明らかになった。ハリウッド・レポーター紙が報じている。

ワイルド・スピード X3 TOKYO DRIFT」以来、同シリーズの脚本は一貫してクリス・モーガンが執筆してきた。しかし、ジャスティン・リン監督のシリーズ復帰作となる「ワイルド・スピード9(仮題)」は、新鋭のダニエル・ケイシー(「ヒットマン・リデンプション」)が執筆することになったという。

モーガンは、ドウェイン・ジョンソン演じるホブス、ジェイソン・ステイサム扮するショウを主人公にした、「ワイルド・スピード」シリーズ初のスピンオフ「ホブス・アンド・ショウ(仮題)」の執筆に取りかかっているという。新たに抜てきされた脚本家ケイシーは、スーパーヒーロー映画のジャンルを新たな角度から描いた「The Heavy(原題)」で注目されており、同作はJ・J・エイブラムスがプロデュースすることが決定している。

ちなみに、「ホブス・アンド・ショウ(仮題)」は2019年7月26日、「ワイルド・スピード9(仮題)」は20年4月10日の全米公開を予定している。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT[Blu-ray/ブルーレイ]

ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥980

カリフォルニアに住む高校生ショーンは、違法運転の常習犯。事故を起こし少年院行きを免れなくなった彼は、軍人の父を頼って日本に渡る。転校先で疎外感を覚える彼を熱くさせたのはやはり車。彼はドリフトレースの世界に足を踏み入れ、天才ドライバーD.K.との対決に挑む。シリーズ3代目のスピード・キングをルーカス・ブラックが熱演、北川景子、土屋圭市など多くの日本人キャストが出演する。
ワイルド・スピード オクタロジー Blu-ray SET<初回生...[Blu-ray/ブルーレイ]

ワイルド・スピード オクタロジー Blu-ray SET<初回生...[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥5,940

シリーズ全8作を網羅したブルーレイ完全パック。『ワイルド・スピード ICE BREAK』ブルーレイと過去作ブルーレイの8枚セットにしたオクタロジー Blu-ray SET。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース