篠原涼子&芳根京子、母娘演じた「今日も嫌がらせ弁当」万感のオールアップ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年5月11日 > 篠原涼子&芳根京子、母娘演じた「今日も嫌がらせ弁当」万感のオールアップ
メニュー

篠原涼子&芳根京子、母娘演じた「今日も嫌がらせ弁当」万感のオールアップ

2018年5月11日 06:00

クランクアップした篠原涼子と芳根京子「今日も嫌がらせ弁当」

クランクアップした篠原涼子と芳根京子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の篠原涼子芳根京子が母娘を演じた「今日も嫌がらせ弁当」(塚本連平監督)が、このほどオールアップを迎えた。

篠原と芳根がドラマ「ラスト・シンデレラ」以来2度目の共演を果たした今作は、Amebaブログのデイリー総合ランキングで1位に輝いた「ttkkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログ」が原作。なかでも、特に反響の大きかったお弁当と日記を抜粋して書籍化したエッセイ「今日も嫌がらせ弁当」(三才ブックス刊)のシリーズ累計発行部数は20万部を突破している。

映画では、八丈島に住むシングルマザーの持丸かおりが、高校生の娘・双葉に仕掛けたお弁当をめぐる親子バトルを軸に構成され、双葉の高校入学から卒業までの3年間を描く。クランクインから数日、篠原と芳根の姿は撮影地・八丈島にあった。

制服姿で報道陣の取材に応じた芳根は、インタビュー終了後に筆者のもとへ駆け寄り「一番伝えたかったことを伝え切れていませんでした。私が最も伝えたかったのは、篠原さんとまた共演できてすごく嬉しかった! ってことなんです」と瞳を輝かせて訴えた。それだけに、撮影期間を満喫したようで「この作品に参加させてもらうことが決まってから、撮影がすごく楽しみで、篠原さんの娘役になれる事が本当に楽しみで臨んだ撮影だったので、夢のような幸せな時間でした」と思いを馳せている。

一方の篠原は、「皆さまの力でスムーズに撮影ができたと思います。すごくテンポが良くて、スタッフ・キャストが一丸となって終えることが出来たのかなと思います」と製作スタッフに最敬礼。さらに、「監督とも16年ぶりにお仕事させて頂いたのですが、本当に変わらず凄くやりやすくて、いいムードを作ってくださって本当に感謝しています。いい作品だったので終わるのも寂しいのですが、今から完成がとても楽しみです」と胸中を吐露した。

(映画.com速報)
ラスト・シンデレラ ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] ラスト・シンデレラ ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥22,961 様々な現実問題に直面する現代のアラフォー女子の姿を描いた、篠原涼子主演の大人のラブコメディ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi