宇宙をサバイブした“ロビンソン一家”が来日!ノンスタ石田の秘技にテンションMAX : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月3日 > 宇宙をサバイブした“ロビンソン一家”が来日!ノンスタ石田の秘技にテンションMAX
メニュー

宇宙をサバイブした“ロビンソン一家”が来日!ノンスタ石田の秘技にテンションMAX

2018年4月3日 19:00

日本を満喫している様子「魔女の宅急便」

日本を満喫している様子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] Netflixオリジナルドラマ「ロスト・イン・スペース」のジャパンプレミアが4月3日、東京の表参道ヒルズ・スペースオーで行われ、キャストのトビー・スティーブンス、モリー・パーカー、テイラー・ラッセル、ミナ・サンドウォール、マックスウェル・ジェンキンスが出席。スペシャルゲストとして、菊川怜、「男劇団 青山表参道X」の栗山航と村上由歩、お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明井上裕介も参加した。

本作は、1965年から3シーズンにわたり全米放送されたSFアドベンチャードラマ「宇宙家族ロビンソン」をリブート。初の宇宙移民として地球を飛び立ち、宇宙空間で“迷子”になってしまったロビンソン一家の活躍を描くストーリー。98年には「ロスト・イン・スペース」として映画化されている。ロビンソン一家の大黒柱・ジョンを演じたスティーブンスは「メインテーマは家族。敵意に満ちたものが次々と襲ってくる。家族としてどう生きのびられるかがポイントだ」とドラマ部分に本作の“核”があることを明かした。

日本滞在について問われた長男ウィル役のジェンキンスは「昨日はハリネズミカフェに行きました。とってもとっても楽しかったです! それにお刺身を初めて食べました」とニッコリ。次女ペニー役のサンドウォールは、ジブリ映画の大ファンだったようで「小さい頃から『千と千尋の神隠し』『魔女の宅急便』『崖の上のポニョ』といった作品が大好きでした。東京の路地に入り込んだり、日本の方と交流したりするだけで、まるでジブリの世界に入ってしまったかのようなマジカルな体験をしています」と告白。長女ジュディを演じたラッセルは「桜が咲いている季節にやってこれて、とてもラッキーでした。美しい桜をいっぱい見れましたし、今夜桜の木の下でお餅を食べるということをやってみたいと思います」とほほ笑んでいた。

「宇宙で迷子になったら、心臓が止まっちゃいそう! 皆さんがサバイブしていく姿を見て、色んな感情でいっぱいになりました」と同作を絶賛した菊川。「自分が宇宙で迷子になってしまったら?」と問われると「絶対に無理! すぐに諦めると思います」と話しつつ、「近い将来、宇宙に行くこともあるかと思うので、今の内から物理、化学、地学を勉強しておきたい。マックスウェルくんとお友達になって、色々教えてもらいたいです」とラブコールを送っていた。

その後、菊川から巨大な「宇宙けん玉」が“ロビンソン一家”にプレゼントされ、けん玉準初段の腕前を持つ石田が遊び方を伝授することに。あまりに巨大なけん玉だったため、1度目のチャレンジは失敗。気を取り直した2度目の挑戦で、見事剣先に玉を刺すと、“ロビンソン一家”は歓喜の雄叫びをあげた。興味津々なジェンキンスは「すごく面白いおもちゃです! 最高だと思います」と興奮を隠せない様子だった。

Netflixオリジナルドラマ「ロスト・イン・スペース」は、Netflixで4月13日から全世界同時配信。

宇宙家族ロビンソン シーズン1 <SEASONSコンパクト・ボックス>[DVD] 宇宙家族ロビンソン シーズン1 <SEASONSコンパクト・ボックス>[DVD] 最安価格: ¥4,093 宇宙を放浪するロビンソン一家が巻き込まれる数々の事件を描いたアメリカの人気TVシリーズ!
宇宙家族ロビンソン シーズン2 <SEASONSコンパクト・ボックス>[DVD] 宇宙家族ロビンソン シーズン2 <SEASONSコンパクト・ボックス>[DVD] 最安価格: ¥3,759 宇宙を放浪するロビンソン一家が巻き込まれる数々の事件を描いたアメリカの人気TVシリーズ!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ワイルドライフの評論 ワイルドライフ 14歳の少年の多感が画面から溢れ出る。初監督作とは思えない驚きのクオリティ!
  • ピアッシングの評論 ピアッシング 異常心理、猟奇、ユーモアを斬新なアートワークでくるんだナイトメア映画
  • X-MEN:ダーク・フェニックスの評論 X-MEN:ダーク・フェニックス 現体制最後のX-MENは、旧シリーズの一大事件を踏襲し、テーマの原点へと帰着する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報