リドリー・スコット、グラフィックノベル「Queen & Country」を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月28日 > リドリー・スコット、グラフィックノベル「Queen & Country」を映画化
メニュー

リドリー・スコット、グラフィックノベル「Queen & Country」を映画化

2018年3月28日 11:00

リドリー・スコット監督「ゲティ家の身代金」

リドリー・スコット監督
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「エイリアン コヴェナント」「ゲティ家の身代金」と立て続けに新作を放っているリドリー・スコット監督が、米20世紀フォックスのスパイスリラー「Queen & Country(原題)」でメガホンをとるべく契約交渉に入ったことが、米ハリウッド・レポーターによって明らかになった。

同作は、2001年から07年にかけて米出版社オニ・プレスが刊行した、全32巻からなるグレッグ・ルッカの同名グラフィックノベルが原作。ロンドンで起きたテロ事件の犯人を突き止めるため、仲間とともにおとり捜査に挑む英国秘密情報部の凄腕スパイ、タラ・チャンスの活躍を描く。

ちなみにフォックスは、4年前にもエレン・ペイジ主演、クレイグ・ビベイロス監督で映画化の準備を進めていたが、その後進捗が見られず立ち消えになっていた。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi