お蔵入り危機を乗り越え快挙!リドリー・スコット監督作、邦題&5月25日公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月28日 > お蔵入り危機を乗り越え快挙!リドリー・スコット監督作、邦題&5月25日公開決定
メニュー

お蔵入り危機を乗り越え快挙!リドリー・スコット監督作、邦題&5月25日公開決定

2018年2月28日 07:00

ケビン・スペイシーが降板したことでも話題に「ゲティ家の身代金」

ケビン・スペイシーが降板したことでも話題に
(C)2017 ALL THE MONEY US, LLC.
ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 巨匠リドリー・スコット監督がメガホンをとり、1973年にアメリカで実際に起きた誘拐事件を描いた「オール・ザ・マネー・イン・ザ・ワールド(原題)」が、「ゲティ家の身代金」の邦題で5月25日に公開されることが決定した。

石油で財を成した大富豪ジャン・ポール・ゲティの孫ポールが誘拐され、日本でも大きく報じられた事件を、「オデッセイ」「グラディエーター」などのスコット監督が映画化。ゲティは身代金として1700万ドルを要求されるが、50億ドルの資産を持つにもかかわらずこれを拒否。ポールの母ゲイルは、息子のために世界一の大富豪であるゲティと対立しながら誘拐犯と対峙することになり、やがて事件は思いがけない方向へと進んでいく。

当初、ケビン・スペイシーがゲティ役を務めて撮影されていたが、完成間際の2017年11月、スペイシーが自身のスキャンダルによって降板。急きょクリストファー・プラマーを同役に起用し、全米公開を約1カ月後に控えるタイミングで再撮影が決行された。お蔵入りを危惧されながらも、第90回アカデミー賞(助演男優賞)、第75回ゴールデングローブ賞(最優秀監督賞、助演男優賞、主演女優賞)などにノミネートされる快挙を達成した。アカデミー賞の助演男優賞候補に名を連ねたプラマーは、自身が持つ同演技部門ノミネートの歴代最高齢記録を更新している。

そして「マンチェスター・バイ・ザ・シー」などの実力派ミシェル・ウィリアムズがゲイルに扮し、誘拐犯とゲティという2つの敵と戦う“普通の母”を熱演。マーク・ウォールバーグがゲイルを助ける存在となる元CIAのフレッチャー・チェイス役を担い、ほかロマン・デュリスらが共演している。

あわせて、日本版ポスタービジュアルがお披露目。多くの報道陣に囲まれたゲイルとチェイスの背後に、壁のように立ちはだかるゲティの姿を対照的に切り取った。「ゲティ家の身代金」は、5月25日から全国で公開。

マンチェスター・バイ・ザ・シー ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] マンチェスター・バイ・ザ・シー ブルーレイ+DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,447 「ジェシー・ジェームズの暗殺」「インターステラー」のケイシー・アフレックが主演し、心を閉ざして孤独に生きる男が、兄の死をきっかけに故郷に戻り、甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく姿を描いたヒューマンドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報