スピルバーグが「ペンタゴン・ペーパーズ」を「すぐに公開したかった」理由とは? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月23日 > スピルバーグが「ペンタゴン・ペーパーズ」を「すぐに公開したかった」理由とは?
メニュー

スピルバーグが「ペンタゴン・ペーパーズ」を「すぐに公開したかった」理由とは?

2018年3月23日 20:00

メリル・ストリープ、トム・ハンクスに 厚い信頼を寄せる「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」

メリル・ストリープ、トム・ハンクスに
厚い信頼を寄せる
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation
and Storyteller Distribution Co., LLC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督が、メリル・ストリープトム・ハンクスと組んだ「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」について語った。

他作品の製作スケジュールを調整してまで、スピルバーグ監督が早期着手にこだわったという意欲作。舞台は、1971年。アメリカ初の女性新聞発行人であるワシントン・ポスト紙のキャサリン・グラハム(ストリープ)と編集主幹ベン・ブラッドリー(ハンクス)らが、国防総省がベトナム戦争に関する分析を記録した最高機密文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在を知り、社運と記者生命をかけて真実を世に発表しようとする。「スポットライト 世紀のスクープ」のジョシュ・シンガーが、共同脚本を手がけた。

スピルバーグ監督は、「本作は、ジャーナリズムの英雄の物語だよ」と語り、「脚本を読んで受けた印象は、リーダーシップの物語だということだった。“リーダーはどう生まれるか? 決断を下すことに前向きではないリーダーを前向きに変化させるようなひらめきは、どういうものだろうか?”……。キャサリン・グラハムの物語に、そんな“変化”を感じ、私は心をつかまれたんだ」と続ける。

スピルバーグ監督が本作の製作を発表したのは、トランプ政権発足からわずか45日後。「この物語には、現代との共通点が、とても多いと考えた。だから、すぐに作って公開したかったんだ。作った年に、公開したかったのさ。それに、こうも思った。全員が全力を出して集中すれば、短時間でも作れるはずだとね」と力強く語り、「出演者も監督も編集も作曲も美術監督も、全員が絶好調だったよ。短時間で作ったからこそ、撮影、そして物語に力強いエネルギーを生み出すことができた。ムダな部分がない作品だよ。最初から最後まで、速いスピードで進む物語だ。これまでの映画より短い期間で撮ったから、物語にエネルギーが満ちている」と自信をみなぎらせる。

ここまで言い切るのは、共に製作に打ち込んだスタッフ・キャスト陣へのゆるぎない信頼があるからだろう。「トム(・ハンクス)はどんな役にも合うよ。個性的ですばらしい役者だから、どんな役も演じられる。そしてメリル(・ストリープ)は、間違いなく最も優れたアメリカ人女優だ」と語り、「本作のもう1つの魅力は、キャサリン・グラハムとベン・ブラッドリーの関係だ。彼は彼女の部下なのに、しばしば彼女の上司のような態度を見せる。トム・ハンクスメリル・ストリープという優れた役者が、そのような関係性を演技で表現した」と2人に賛辞を送っている。

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」は、3月30日から全国公開。

(映画.com速報)
スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray/ブルーレイ] スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,147 新聞記者たちがカトリック教会のスキャンダルを暴いた実話を、「扉をたたく人」のトム・マッカーシー監督が映画化し、第88回アカデミー賞で作品賞と脚本賞を受賞した実録ドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi