「ペンタゴン・ペーパーズ」メリル・ストリープ&トム・ハンクスにパリが熱狂! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月17日 > 「ペンタゴン・ペーパーズ」メリル・ストリープ&トム・ハンクスにパリが熱狂!
メニュー

「ペンタゴン・ペーパーズ」メリル・ストリープ&トム・ハンクスにパリが熱狂!

2018年1月17日 20:00

手をつないで登場「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」

手をつないで登場
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation
and Storyteller Distribution Co., LLC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] メリル・ストリープトム・ハンクスが初共演するスティーブン・スピルバーグ監督作「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」の仏パリでのプレミアが、1月13日(現地時間)に開催され、スピルバーグ監督、ストリープ、ハンクスが結集した。

1971年のアメリカ。国防総省がベトナム戦争に関する分析を記録し、トップシークレットとしてきた文書、通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在をニューヨーク・タイムズ紙がスクープするが、政府からの圧力で差し止められてしまう。アメリカ初の女性新聞発行人であるワシントン・ポスト紙のキャサリン・グラハム(ストリープ)は、同紙の編集主幹ベン・ブラッドリー(ハンクス)らとともに、ライバルのニューヨーク・ポスト紙と連携し、政府の圧力に屈することなく真実を世に発表しようと奮闘する。

本編上映後、3人がステージに登場すると、客席からはスタンディングオベーションが巻き起こり、会場のボルテージは最高潮に。スピルバーグ監督は、「こんなにもたくさんの方に喜んでもらえるなんてとてもうれしいよ。この映画の脚本を読んだとき、まさか他の予定していた映画より先に撮影するなんて思ってもみなかった。でも今の社会の状況を見て、71年に起きたこの出来事は今すぐにでも映画を通して伝えなければいけない出来事だと思ったんだ」と製作に駆り立てた熱い思いを語った。

ストリープは、「この映画で描かれていた世界の状況というのは、みなさんが生きている“今日”とはとても違うものだったと思う。当時、女性が会社を率いるということは社会的にとても難しいことで、キャサリン・グラハムはその先駆者となり、新しい世界を開拓したの。彼女の勇敢な行動は、今の私たちにも必要なことだと思う」と熱弁をふるった。ハンクスもまた、「すべての男たちによるよい行い、偉大な達成の陰には、必ずそれを支え、可能にしてきた女性たちの存在があるんだ!」と力強く語った。

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」は、3月30日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi