オスカー候補メリル・ストリープの名演シーン満載「ペンタゴン・ペーパーズ」特別映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年3月1日 > オスカー候補メリル・ストリープの名演シーン満載「ペンタゴン・ペーパーズ」特別映像公開
メニュー

オスカー候補メリル・ストリープの名演シーン満載「ペンタゴン・ペーパーズ」特別映像公開

2018年3月1日 10:00

本作に携わった女性陣が多数登場「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」

本作に携わった女性陣が多数登場
(C)Twentieth Century Fox Film Corporation
and Storyteller Distribution Co., LLC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] メリル・ストリープトム・ハンクスが初共演するスティーブン・スピルバーグ監督作「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」の特別映像が、公開された。

1971年のアメリカ。国防総省がベトナム戦争に関する分析を記録し、トップシークレットとしてきた文書、通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在をニューヨーク・タイムズ紙がスクープするが、政府からの圧力で差し止められてしまう。アメリカ初の女性新聞発行人であるワシントン・ポスト紙のキャサリン・グラハム(ストリープ)は、同紙の編集主幹ベン・ブラッドリー(ハンクス)らとともに、政府の圧力に屈することなく真実を世に発表しようと奮闘する。第90回アカデミー賞では、作品賞と主演女優賞にノミネートされた。

映像では、ストリープ演じるキャサリンのキャラクターに焦点が当てられている。映画では、女性であるという偏見や、社主という重圧に苦悩しつつも、最善の決断を下そうともがく姿が描かれるが、ストリープは「彼女は元々女性らしい人だった。当時は男性だけが権力を持っていたの」と当時の時代背景を解説。

さらに、プロデューサーのエイミー・パスカルクリスティ・マコスコ・クリーガーは「1971年のワシントンでは、男が政治の話を始めると女は席を外した。女性経営者なんてありえない時代よ」(パスカル)、「女性の意見をテーマにした物語よ。キャサリンのおかげで、私たち女性は自己主張ができるようになった」(クリーガー)とキャサリンの偉業をたたえる。

女性の出演者たちのインタビューも収められており、キーキャラクターの1人を演じたアリソン・ブリーは「強い女性が主人公の最高の物語よ」と誇らしげに語っている。本編映像も多数収録され、キャサリンが「政府の秘密を暴露する気か!」と言われても、き然とした面持ちで「許可ではなく、助言を求めに来たの」と言い放つ姿や、「もう父の会社じゃない。夫の会社でもない。私の会社よ」と宣言する勇ましい姿を確認できる。

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」は、3月30日から全国公開。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi