大泉洋「映画ドラえもん」新作に疑問呈す「今回、子どもは楽しめます?」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月19日 > 大泉洋「映画ドラえもん」新作に疑問呈す「今回、子どもは楽しめます?」
メニュー

大泉洋「映画ドラえもん」新作に疑問呈す「今回、子どもは楽しめます?」

2018年2月19日 20:00

大泉洋は何よりも舞台挨拶が大好き「映画ドラえもん のび太の宝島」

大泉洋は何よりも舞台挨拶が大好き
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 国民的アニメ「ドラえもん」の長編劇場版第38作「映画ドラえもん のび太の宝島」の“大人だけの先行試写会”が2月19日、都内で行われ、ゲスト声優の大泉洋、お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄、脚本の川村元気氏が舞台挨拶に出席した。

君の名は。」「バケモノの子」などのプロデューサーとして知られる川村が脚本を執筆し、テレビ版の演出を多く手がけた今井一暁が監督。幻の財宝が眠る宝島をテーマに、のび太たちが王道の冒険物語を繰り広げる。大泉は悪役である海賊船の船長キャプテン・シルバー役、高橋は海賊団の一員・トマト役を務めている。

所属事務所ではなく、愛娘と話し合って出演を決めたという大泉は「今までドラえもん映画を見てこなかった」と告白。映画シリーズ初鑑賞だったそうだが、「ま~、シルバーが良い。これは泣ける。映画『青天の霹靂』でお世話になった川村くん、この男が脚本を書いたと思うと、感動させられるのは悔しいな、くそうと思いながら、感動しました」と感服の様子だった。

これを受け、シリーズ史上初の2年連続ゲスト声優を務めた大ファン・高橋も「台本を頂いたときから滅茶苦茶おもろいぞ、というのがわかった」と同調し、「ドラえもん役の水田わさびさんとお会いしたときに、『今年の映画、ヤバないですか?』と聞いたら『今年すごい!』と。間違いなく本当に面白い作品に関われてよかった」と興奮の面持ち。「親の世代にも楽しめるドラえもんを」と依頼されたという川村は、「一番尊敬する作家が藤子・F・不二雄さん。本当に大好きな『ドラえもん』で失敗したら死んでしまうと、震えながら書いていた」と吐露し、「脚本の段階で星野源さんの主題歌は決まっていなかった。星野さんの歌が入ると、勝手に想像して書いていた」と振り返ると、大泉は「源ちゃんの歌が素晴らしいんだ、これが。それで泣くんだ。あの子はいい仕事をする」と膝を打っていた。

一方で大泉が「今回の作品は大人が楽しめる。でも、子どもは楽しめますかね?」と疑問を呈すると、川村は「やめろやめろ! 何言ってんの、このおじさん」と大慌て。大泉は意に介さず「子どもは見に来なくて良いのでは?」と続けたが、「あのダメなのび太くんが! あんなにも変わって! あの勇気と言いましょうか、そこに泣けますね」と声を張り上げ、「のび太くんがね、あれはどうなんですか、どこまでが目なんですか? メガネのなか全部白いですが、そのなかの目がブワッと潤んでくる、泣き方が良いんですよ。(今作で)ドラえもんを助けるために、とんでもないことするでしょ。僕が『死ぬぞ』とセリフを言いますが、まさにそんなことを彼、するから。のび太くん以上に勇気がある人は、世界にいない。一番尊敬する。金メダリスト」と熱弁をふるっていた。

映画ドラえもん のび太の宝島」は、3月3日から全国で公開。

(映画.com速報)
「君の名は。」Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 「君の名は。」Blu-ray スタンダード・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,629 男女の心の機微を美しい風景描写とともに繊細に描き出すアニメーション作品を手がけ、国内外から注目を集める新海誠監督が、前作「言の葉の庭」から3年ぶりに送り出したオリジナル長編アニメ。
青天の霹靂 通常版 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 青天の霹靂 通常版 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,061 劇団ひとりが、「陰日向に咲く」に続く、自らの描き下ろし小説で監督デビュー。主演に大泉洋、ヒロインに柴咲コウをむかえ作り上げた、笑いと驚き、そして涙のエンターテイメント作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi