イ・ビョンホンが涙ながらに妻の首を絞めようとする理由は?「エターナル」本編映像 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月16日 > イ・ビョンホンが涙ながらに妻の首を絞めようとする理由は?「エターナル」本編映像
メニュー

イ・ビョンホンが涙ながらに妻の首を絞めようとする理由は?「エターナル」本編映像

2018年2月16日 16:00

涙の理由は?「エターナル」

涙の理由は?
(C)2017 WARNER BROS PICTURES,
ALL RIGHTS RESERVED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「マグニフィセント・セブン」「MASTER マスター」の国際派イ・ビョンホンが主演を務めたラブ・サスペンス「エターナル」(公開中)の新たな本編映像が、公開された。イ演じる主人公が、寝ている妻のもとへ忍び寄る意味深なシーンとなる。

韓国の証券会社の支店長であるカン・ジェフン(イ)は、安定した職と家族に恵まれ成功者としての人生を送っていたが、会社の不良債権事件に巻き込まれ、すべてを失ってしまう。失意のなか、オーストラリアで暮らす妻と息子に2年ぶりの元へ向かったイだが、そこには別の男性の影があった。新鋭イ・ジェヨン監督の脚本に感銘を受けたイが、出演を即決したという。

家族が暮らす家の前まで来たにもかかわらず決して対面しようとせず、物陰から様子をうかがうなど不思議な行動ばかりとるジェフン。公開された本編映像では、スーツ姿のまま、音を立てないように寝ている妻スジン(コン・ヒョジン)のそばへと行き、今にも泣き出しそうな表情で見つめる姿が切り取られている。妻の寝顔を見つめたジェフンは、ゆっくりと手を伸ばし首を絞めようとするが、思い切ることができず諦めてしまい、悲嘆にくれて座り込む。

風でカーテンが揺らぐ様子や書類がはらはらと机から落ちる様子、壮大な音楽が画面を美しく彩り、ジェフンの切ない思いを代弁していると共に、どこか幻想的な雰囲気をかもし出している。映像はその後、床に散らばった書類を眺めていたジェフンが、オーストラリアから帰国予定だったはずのスジンが永住権を申請しようとしていたことを知り、複雑な表情を浮かべつつも、書類に記された自らの名前と、スジンとの続柄を示す「夫」という文字に再び感情が押し寄せるさまが収められている。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi