「ゴールデンカムイ」脱獄王・白石由竹役に伊藤健太郎 「想像以上の白石を」と意気込み : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年2月5日 > 「ゴールデンカムイ」脱獄王・白石由竹役に伊藤健太郎 「想像以上の白石を」と意気込み
メニュー

「ゴールデンカムイ」脱獄王・白石由竹役に伊藤健太郎 「想像以上の白石を」と意気込み

2018年2月5日 04:00

白石由竹(CV:伊藤健太郎)「劇場版 弱虫ペダル」

白石由竹(CV:伊藤健太郎)
(C)野田サトル/集英社・
ゴールデンカムイ製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] テレビアニメ「ゴールデンカムイ」に登場するメインキャラクターの白石由竹(しらいしよしたけ)を、「弱虫ペダル」シリーズの伊藤健太郎が演じることがわかった。

同作は、野田サトル氏が「週刊ヤングジャンプ」(集英社刊)で連載している、コミックス累計420万部を超える和風ウェスタン活劇漫画のアニメ化。戦死した親友との約束を果たすために北海道へと渡った元軍人の杉元佐一が、アイヌの少女アシリパ(「リ」は小さな「リ」)とともに、莫大な埋蔵金をめぐって陸軍第七師団や脱獄囚らと争奪戦を繰り広げる。

白石は、関節を自在に外すことができる特異体質の持ち主で「脱獄王」の異名をとる天才脱獄犯。埋蔵金のありかを示した入れ墨を刻まれた24人の脱獄囚のひとりだが、手を組んだほうが得策と見て、杉元たちに協力することになる。原作では、作中随一のコメディリリーフとして抜群の存在感を発揮しているキャラクターだ。

出演について、伊藤は「『スピナマラダ』を読んだ時、なんてぶっ飛んだ作家さんなんだろうと驚愕(きょうがく)した。そんな方が、この設定でエンタメを描くんだから、さぞかしぶっ飛ぶだろうと想像はしたが、みなさんご存知の通りそれを遥かに超えたぶっ飛んだ漫画が今作である。その世界に白石はいる。彼の役割も重々承知だ。ひとりの『ヤングジャンプ』読者として、最大級のプレッシャーを感じている。声優として、読者の方々の想像通りの白石を目指し、なおかつ想像以上の白石を目指します!」と意気込みを語った。

また、杉元とアシリパに白石を加えた、杉元陣営のメインキャラクターのアニメ版設定画も公開されている。

「ゴールデンカムイ」は、4月からTOKYO MXほかで放送開始。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi