福士蒼汰「曇天に笑う」撮影で重症… 骨にヒビ入るも「動きに問題なかった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年1月29日 > 福士蒼汰「曇天に笑う」撮影で重症… 骨にヒビ入るも「動きに問題なかった」
メニュー

福士蒼汰「曇天に笑う」撮影で重症… 骨にヒビ入るも「動きに問題なかった」

2018年1月29日 15:30

イベントを盛り上げた福士蒼汰、中山優馬ら「曇天に笑う」

イベントを盛り上げた福士蒼汰、中山優馬ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 唐々煙氏による人気漫画を実写映画化した「曇天に笑う」の完成披露プレミアイベントが1月29日、東京・港区の増上寺で行われ、主演の福士蒼汰をはじめ共演の中山優馬古川雄輝桐山漣大東駿介小関裕太市川知宏加治将樹若山耀人、メガホンをとった本広克行監督が出席した。この日は「1日限りの曇天祭り」と銘打たれており、和装姿の福士らが、山車に乗って賑やかに登場。おひねりも配って回り、寒空のもと集った観客約900人を喜ばせた。

主役である曇天三兄弟の長男・曇天火役の福士は、今作で鉄扇と下駄を用いたアクションに挑戦。「カリという武術を習っているので、それを鉄扇に生かしました。下駄も大変でしたが、試行錯誤しながら挑みました」と説明し、「大きなケガはなかったと思います。生傷はありましたが、安全にできた」と明かす。しかし、本広監督は「(骨に)ヒビ、入らなかった? かなり重症でしたよ」と心配顔。これを受け、福士は「ご迷惑をおかけしたこともありました」と頭を下げつつ、「動き的には問題なかったです」と述べるにとどめた。なお関係者によると、福士は下駄を履いたノースタントアクションの最中、足の小指の骨にケガを負ったが、自然治癒で回復したため撮影に影響はなかったそうだ。

物語の舞台は、明治維新後の滋賀・大津。300年ごとによみがえる大蛇(オロチ)を封印するために立ち上がった曇天三兄弟、明治政府右大臣・岩倉具視の直属部隊・犲(ヤマイヌ)、大蛇を利用し政府転覆を目論む忍者集団・風魔一族の三つ巴の戦いを描いた。

男だらけの撮影現場は和気あいあいとしていたそうで、曇天三兄弟の次男・空丸役の中山は「福士さんは身長大きいし、イケメンだし、僕は男兄弟いないですが、兄貴! という感じでした。弟(宙太郎役の若山)も人懐っこかった」と述懐。福士が「弟たちによって、兄弟になれました」と絆をのぞかせ、「今作のヒロインは優馬だと思っています」と語れば、中山は「そうよ」と女言葉でおどけながら同調した。

さらに「一番優しかったお兄さんは?」と問われた若山。一同に気を使ってか「誰か1人を選びたいんですが……」と口ごもり、「1人を選ばなきゃいけないんだよ」と急かされると、「(監督の)本広お兄さん。演技についてもそうですし……」と“大人な回答”を絞り出した。これに金城白子役の桐山は「撮影現場では、耀人に頼まれて、一緒にお風呂に入りました。背中を流しあって兄弟の契りを交わしたと思ったのに、選ばれなくて残念」と肩を落とし、観客を笑わせていた。

ちなみに若山は、「テレビで怖いおばけの番組を見てしまい、不安が大きくなってしまったので、よかったら(風呂を)どうですかと」と説明。桐山が「僕の連絡先を知らないから、廊下でうろちょろして待っていて、可愛いなあと思った」と振り返ると、その可愛らしい行動に観客は大いに和んでいた。「曇天に笑う」は、3月21日から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi