北欧発の漆黒のダークヒーロー「レンデル」ノワール感漂う予告編が完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月27日 > 北欧発の漆黒のダークヒーロー「レンデル」ノワール感漂う予告編が完成
メニュー

北欧発の漆黒のダークヒーロー「レンデル」ノワール感漂う予告編が完成

2017年12月27日 16:00

フィンランド初のスーパー ヒーロー映画が日本上陸!「RENDEL レンデル」

フィンランド初のスーパー
ヒーロー映画が日本上陸!
(C) 2017 Black Lion Pictures Ltd
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 北欧フィンランド初のスーパーヒーロー映画「レンデル」で、漆黒のマスクとコスチュームをまとったダークヒーローが復しゅうに燃える予告編とポスタービジュアルが完成した。

愛する妻と幼いひとり娘を殺された主人公ラモが、世界的製薬会社を装った巨大犯罪組織に復しゅうするため、漆黒のマスクとコスチュームをまとった暗黒のヒーロー“レンデル”として戦う姿を描いたフィルムノワール。監督のジェッセ・ハーヤが、長年の構想期間を経て、自ら創作したコミックを下敷きに映画化した。

多くの国民が失業にあえぐフィンランド。失職したラモは、ワクチン開発で罪のない多くの子どもたちを人体実験にしているという疑惑のある世界的企業VALAケミカル社に身を投じる。不審な動きを察し、機密資料を盗み出すが、その報復として家族を殺害されてしまう。VALAの実態は、裏社会で暗躍する巨大犯罪組織だったのだ。ラモはVALAを壊滅させるべく、暗黒のヒーロー“レンデル”として立ち上がるが、計画を阻止されたVALAは世界中から腕利きの傭兵たちを招集し、レンデル抹殺を企てる。

予告編では、悲しい過去を背負ったダークヒーローの孤独な戦いが、美しいバイオレンス描写を織り交ぜながら描かれる。特殊能力をもったスーパーヒーローたちの戦いとは一味違った、リアルでハードボイルドな世界観が、主人公への共感と哀愁を引き出している。

RENDEL レンデル」は、東京・ヒューマントラスト渋谷の特集上映「未体験ゾーンの映画たち2018」で2月12日から公開、シネ・リーブル梅田で近日公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

RENDEL レンデル DVD[DVD] RENDEL レンデル DVD[DVD]最安値: ¥3,267
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報