サウジアラビアに35年ぶり映画館!

2017年12月27日 15:00

35年ぶりに映画館運営解禁へ
35年ぶりに映画館運営解禁へ

[映画.com ニュース] 35年ぶりに映画館運営が解禁となったサウジアラビアに、米映画館チェーン最大手AMCが進出を準備していることが明らかになったと、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

サウジアラビアは、公共の場で男女が混在することがタブーとされていることから、映画館運営が1980年代から禁じられていた。しかし、石油に依存しない経済への移行を目指す次期国王候補のムハマンド皇太子は、映画館運営の解禁を発表。突然、3000万人規模の映画市場ができることになった。

このニュースの発表数時間後には、AMCはサウジアラビアの投資ファンドThe Public Investment Fund(PIF)と共同でサウジアラビアに映画館を建設すると合意した。1号館を2018年3月にオープンする予定だという。ちなみに、PIFはサウジアラビアの映画市場が10億ドル規模になるとみているという。

(映画.com速報)

関連ニュース