X-23を題材にした「ローガン」のスピンオフ映画「ローラ」が準備中

2017年11月17日 21:30

ウルヴァリンと旅をともにする少女
ウルヴァリンと旅をともにする少女

[映画.com ニュース]「LOGAN ローガン」を手がけたジェームズ・マンゴールド監督が、同作のスピンオフ「ローラ(仮題)」を準備中であることを、ハリウッド・レポーター紙のインタビューで明らかにした。

ローラは、「LOGAN ローガン」で主人公ウルヴァリンと旅をともにする少女の名前で、ミュータントのX-23としても知られる。ヒュー・ジャックマンを主人公にしたウルヴァリンの最終章を完成させた後、マンゴールド監督はローラを主人公としたスピンオフを企画。たが、女性が主人公のスーパーヒーロー映画は、「イーロン・フラックス」や「キャットウーマン」など興行で失敗する例が多いため、20世紀フォックスの反応は消極的だったという。しかし、世界累計興行収入8億ドルを突破した「ワンダーウーマン」(パティ・ジェンキンス監督)のおかげで状況が変わりつつあると、マンゴールド監督は言う。

「パティの成功のおかげで、スタジオが抱える女性が主人公の映画に対する不安が減りました。さらにヒットが出るようになれば、わたしも『ほら、こちらが女性を主人公にした映画ですよ』とスタジオに胸を張って企画を提示できるようになります」

ちなみに、現時点ではまだ脚本は存在せず、構想を練っている段階だという。原作コミックではX-23は大人になり、ウルヴァリンの名前を引き継いでいる。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース