ピーター・ジャクソン、ワインスタインのブラックリストの存在を認める : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月22日 > ピーター・ジャクソン、ワインスタインのブラックリストの存在を認める
メニュー

ピーター・ジャクソン、ワインスタインのブラックリストの存在を認める

2017年12月22日 11:00

ピーター・ジャクソン監督「ロード・オブ・ザ・リング」

ピーター・ジャクソン監督
写真:Press Association/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ハリウッドを揺るがす一大スキャンダルの火種となった大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインの性的暴行およびセクハラ事件に関する新たな情報が、ピーター・ジャクソン監督によって明るみに出た。米バラエティが報じている。

ニュージーランドのニュースサイトStuffのインタビューで、「ロード・オブ・ザ・リング」ならびに「ホビット」シリーズでの体験を振り返ったジャクソン監督は、「おそらく1998年のことだったと思うんだけど、当初、製作元だったミラマックスから、『ミラ・ソルビノアシュレイ・ジャッドは問題の多い女優だから、絶対に避けるように』と勧告されたのを覚えているよ」と告白。さらに「その時は、ワインスタインの意図など知る由もなかったけど、今になってみれば、あれは組織的隠蔽工作以外の何ものでもなかったとわかるし、吹き込まれたデマをうのみにしたせいで、才能豊かな2人の女優をキャスト候補から外したことを申し訳なく思っている」と語っている。先陣を切ってワインスタインからのセクハラ被害を告発したソルビノとジャッドが、“ブラックリスト”に載せられていた事実を認めた。

ワインスタインのブラックリストに挙げられていたことを知り、ソルビノが「この記事を読んで泣き崩れたわ。ハーベイ・ワインスタインが私のキャリアを潰したという、これまで確証がなかった疑いは正しかったのね。ピーター・ジャクソン監督、正直に話してくれてありがとう」と自身のTwitterで胸中を吐露した。一方、ジャッドも「あの時のことは、今でもよく覚えているわ」とツイートしている。

ジャクソン監督はまた、ワインスタイン兄弟とは2度と仕事をしないと誓った経緯について、「ハーベイにしても弟のボブにしても、二流マフィアのチンピラかと思うほど態度が悪くて、こんな輩とは一緒にやれないと思ったんだ」と辛辣に語った。

ちなみにワインスタイン本人は、「当初プロデューサーだったとはいえ、同映画のキャスティングには一切関わっていません」という代理人のコメントを通じて、ブラックリストの存在を否定している。

【初回仕様】ロード・オブ・ザ・リング&ホビット 劇場公開版 ブル...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回仕様】ロード・オブ・ザ・リング&ホビット 劇場公開版 ブル...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 「ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間」「ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔」「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」「ホビット/思いがけない冒険」「ホビット/竜に奪われた王国」「ホビット/決戦のゆくえ」の6作品収録。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報