松坂桃李「おっしゃあと思った」過去の愚かな“罪”を告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月22日 > 松坂桃李「おっしゃあと思った」過去の愚かな“罪”を告白
メニュー

松坂桃李「おっしゃあと思った」過去の愚かな“罪”を告白

2017年12月22日 04:00

舞台挨拶に立った松坂桃李、沢尻エリカら「不能犯」

舞台挨拶に立った松坂桃李、沢尻エリカら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の松坂桃李の主演映画「不能犯」の完成披露試写会が12月21日、都内で行われた。松坂は共演の沢尻エリカ新田真剣佑らとともに舞台挨拶。「クリスマスが近くて、恋愛映画でほっこりするのもいいけれど、『不能犯』でゾッとするのも悪くないと思うはず」と自信のほどをうかがわせた。

人の心を操り死に追いやる立証不能な犯罪者という役どころにちなみ、松坂は積み重ねた空のボックスからこつ然と登場。演出のスモークがボックス内に充満したのか、むせ返ってしまうハプニングもあったが、「素人がやるもんじゃない。でも、この役をやっていなかったらできない経験だった」とうれしそうに話した。

その役づくりには共演者も感心することしきりで、刑事として対じする沢尻は「近づきにくいオーラがあって、話しかけられない。どう接していいか分からなかった」と絶賛。間宮祥太朗も、「身長も高いので、立っているだけでビックリする。存在感が異質で、周りだけ色が出ているようだった」と明かした。

唯一、矢田亜希子が「私は演じていない部分でも話して、和やかでしたよ」とフォロー。だが、「すっごいことをされるシーンがあって、その時にひょう変するけれどビジュアルそのものが怖い。切り替わるスイッチがすごくて、圧倒されました」と暴露。松坂は「全部、監督の指示ですからね」と言い訳したが、白石晃士監督は「特に何も指示していないよ」とつれなくされ、苦笑いするしかなかった。

また、松坂のセリフ「愚かだねえ、人間は」というセリフにからめ、それぞれの愚かな過去の“罪”を告白することに。松坂は、「街を歩いていた時にスケボーをやっている人がいて、危ねえなあ、転ばねえかなあと思っていたら転んで、おっしゃあと思った。大丈夫かなではなく、ほら、そんなことしているからと思ってしまった自分は良くないっすね」と自省していた。

不能犯」は、2018年2月1日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi