「キングスマン」吹き替え声優に中村悠一&田中敦子が参戦!米スパイ&敵ボス役 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年12月7日 > 「キングスマン」吹き替え声優に中村悠一&田中敦子が参戦!米スパイ&敵ボス役
メニュー

「キングスマン」吹き替え声優に中村悠一&田中敦子が参戦!米スパイ&敵ボス役

2017年12月7日 16:00

木村昴&森田順平が続投「キングスマン ゴールデン・サークル」

木村昴&森田順平が続投
(C) 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「キックアス」のマシュー・ボーン監督が手がけ、世界興行収入4億ドル超の大ヒットを記録したスパイアクション「キングスマン」の続編「キングスマン ゴールデン・サークル」の日本語吹き替え版のボイスキャストが、発表された。

前作で、英国の秘密スパイ機関“キングスマン”のエージェントに成長し、世界を救ったエグジー(タロン・エガートン)。本作では、謎の組織“ゴールデン・サークル”の陰謀を阻止するため、アメリカのスパイ機関“ステイツマン”と共闘するさまが描かれる。

前作に続き、木村昴がエグジー、森田順平が師匠のハリー(コリン・ファース)を演じるほか、中村悠一がステイツマンのエージェント、テキーラ(チャニング・テイタム)、田中敦子がゴールデン・サークルのボス・ポピー(ジュリアン・ムーア)役で参戦する。さらに、菅生隆之がステイツマンのリーダー・シャンパン(ジェフ・ブリッジス)、本田貴子がジンジャー(ハル・ベリー)、宮内敦士がウイスキー(ペドロ・パスカル)といったステイツマンのメンバーに扮するほか、エルトン・ジョンの声を岩崎ひろしが担当する。

「ドラえもん」のジャイアン役で人気を博す木村は、「またエグジーを演じさせていただき、とっても光栄な気持ちでいっぱいでございます。礼節を重んじ、紳士的なエグジーを意識したつもりではありますが、やはりエグジーはエグジー。ルールに縛られない彼らしい一面は見どころでもあり、意識した部分です! すでにエグジーがキングスマンの一員としてスタートする今作ですが、エグジーの礼節がとにかく良くなっています(笑)」と見どころを語り、「新たな仲間や敵も登場します。ニューアイテムを使った爽快なアクションや、エグジーの恋の行方にもぜひ注目してください!」と呼びかけている。

ファースの吹き替えを長年担当している森田は、前作で命を落としたはずのハリーの復活に「まさか生きかえるとは思ってなかったですね。もうエグジーとは会えないと思っていたので、うれしかったです」と喜びを明かしつつ、「前回にも増して、これでもかという位のハチャメチャの展開。エルトン・ジョンも加わって、今回も見どころ満載です」と語っている。

キングスマン ゴールデン・サークル」は、2018年1月5日から全国公開。

(映画.com速報)
キングスマン[Blu-ray/ブルーレイ] キングスマン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 どこの国にも属さない最強秘密機関の闘いを描く、スタイリッシュ・スパイ・アクション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi