大森南朋の“守りたいもの”に拍手喝さい 桐谷健太は“ネギ”らいの花束に爆笑 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月18日 > 大森南朋の“守りたいもの”に拍手喝さい 桐谷健太は“ネギ”らいの花束に爆笑
メニュー

大森南朋の“守りたいもの”に拍手喝さい 桐谷健太は“ネギ”らいの花束に爆笑

2017年11月18日 06:00

埼玉・深谷を舞台に紡ぐ入江悠監督オリジナル作品「ビジランテ」

埼玉・深谷を舞台に紡ぐ入江悠監督オリジナル作品
[拡大画像]

[映画.com ニュース]入江悠監督作「ビジランテ」の完成披露試写会が11月17日、東京・テアトル新宿で行われ、入江監督をはじめ、トリプル主演を務めた大森南朋鈴木浩介桐谷健太が、上映前の舞台挨拶に登壇した。

本作は、入江監督の地元である埼玉・深谷を舞台に紡ぐオリジナル作品。高校時代に失踪した長男・一郎(大森)、市議会議員で町の自警団団長でもある次男・二郎(鈴木)、デリヘル業雇われ店長の三男・三郎(桐谷)が、憎んでいた父親の死をきっかけに再会する姿を通じ、地方都市の暗部を浮き彫りにする。「限界への挑戦のような日々。今だから笑って話せますけど、今日お三方にお会いするのが怖かった。当時の恨みを晴らされるじゃないかって(笑)」と極寒の撮影を振り返った入江監督。「スタッフ、キャストがひとりでも欠けたら成立しなかった。オリジナルの脚本でここまでできるんだということを示せた」と作品の完成度に自信をにじませていた。

ライアーゲーム 再生(リボーン)」以来の映画出演になった鈴木は、久々の舞台挨拶に興奮しっぱなし。「三兄弟で一郎、二郎、三郎、皆さん、どう思います? 何か他に案はなかったのか」と思わず口を滑らせると、桐谷はすかさず「え? ディスってんの?」とツッコみ。2人の仲睦まじい掛け合いに大森がほほ笑むなか、入江監督は「三兄弟の父親を菅田俊さんが演じられていて、その名前を呼んでほしかった。ひねらない方がいいと思った」と意図を告白していた。

「法や正義が及ばない世界、大切なものを自ら守り抜く集団」という意味が込められたタイトルにちなみ「守りたいものは?」と問われた鈴木が「切実な問題なんですけど、老後の安定です。お金に困りたくない」と冗談交じりに話す一方、大森は「『ビジランテ』のような映画がなくならないように、微力ながら力になれる俳優でありたい」と切り返した。映画業界の未来を見据えた大森の答えに、場内は拍手喝さい。「格好いい」とため息を漏らした桐谷は「センチメンタルな気持ちを大切にしたい。夕焼けを見て『いいなぁ』と思えるような気持ちがなくなっていくことが嫌なんです。全力で生きていけばそういう気持ちが…」と言葉を紡いだが、考えがまとまらず「楽しみながら生きたいです!(笑)」と宣言していた。

この日は過酷な撮影を乗り切った大森らに、入江監督が花束を贈呈することになったが、その中身はなんと深谷の名産「深谷ネギ」。大笑いの桐谷から「花束ちゃうやん!」と指摘されながらも、入江監督は連続ドラマW「ふたがしら2」からの付き合いである大森に「どんどん僕の現場きつくなっていると思いますけど、懲りずにまたよろしくお願いします。お世話になりました!」とねぎらいの言葉を投げかけていた。

ビジランテ」は、12月9日から東京・テアトル新宿ほか全国で公開。R15+指定。

(映画.com速報)
LIAR GAME -再生- スタンダード・エディションBlu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] LIAR GAME -再生- スタンダード・エディションBlu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,030 「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」に続く劇場版第2弾!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi