ヒラリー・スワンク、SFスリラー「I Am Mother」に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年11月6日 > ヒラリー・スワンク、SFスリラー「I Am Mother」に主演
メニュー

ヒラリー・スワンク、SFスリラー「I Am Mother」に主演

2017年11月6日 08:00

ヒラリー・スワンク「アバター(2009)」

ヒラリー・スワンク
Photo by JB Lacroix/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オスカー女優のヒラリー・スワンクが、新作SFスリラー「I Am Mother(原題)」に主演していることがわかった。米バラエティによれば、本作は若手女優クララ・ルガアードが共演し、オーストラリアのアデレード・スタジオで既に撮影がスタートしている。

本作は、人類が滅亡した地球で、人間を再生するため創られた善良なロボット“マザー”と、これに育てられた新世代の少女(ルガアード)を描く物語。少女と“マザー”はユニークながらも強い絆で結ばれていたが、ある女性(スワンク)の登場により、少女は幻想から目を覚ますことになる。

グラント・スプートア監督と脚本家マイケル・ロイド・グリーンのオリジナルコンセプトにもとづいた作品で、2016年のブラックリスト(製作前の優秀脚本リスト)に選出された。スプートア監督の長編デビュー作となる本作は、「アバター」「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで知られるVFX制作会社WETAワークショップが“マザー”のクリエーションを手がけている。

スワンクは、スティーブン・ソダーバーグ監督の久々の長編映画となる犯罪コメディ「ローガン・ラッキー」に出演。チャニング・テイタムダニエル・クレイグアダム・ドライバーライリー・キーオと共演した同作は、11月18日から日本公開される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 犬ヶ島の評論 犬ヶ島 ウェスの色彩センスが日本でいっそう花開いた “犬ヶ島”の背景が鮮烈!
  • ファントム・スレッドの評論 ファントム・スレッド 一糸乱れぬ映画術で観客を夢見心地に誘う、媚薬のような作品
  • 男と女、モントーク岬での評論 男と女、モントーク岬で 老境を迎えた巨匠が描く恋愛は驚くほどみずみずしく、老練で深い洞察が垣間見える
映画評論の一覧を見る
Jobnavi