「パディントン2」日本版主題歌はAIの書き下ろし楽曲「Little Hero」!

2017年9月7日 07:00

日本版主題歌はAIが担当!
日本版主題歌はAIが担当!

[映画.com ニュース] 6月に死去した作家マイケル・ボンドさんの名作児童文学を実写映画化した「パディントン」の続編となる「パディントン2」の日本版主題歌が、歌手・AIの書き下ろし楽曲「Little Hero」に決定した。前作「パディントン」ではAIの代表曲「ハピネス」がイメージソングに起用されたため、2作連続の参加が決まり「まさか、『パディントン2』にまで参加できるとは! ありがとうございます! 嬉しすぎる!」と喜びのコメントを寄せている。

世界40カ国以上で翻訳されているイギリスの名作児童文学を実写化した「パディントン」は、南米ペルーのジャングルから英ロンドンにやってきた小さなクマ・パディントンの冒険物語。前作に続きポール・キング監督がメガホンをとる今作は、骨董屋で売られていた絵本が何者かに盗まれ、パディントンとブラウン一家が犯人探しに奔走する。さらにシリーズ初参加のヒュー・グラント扮する敵フェニックス・ブキャナンの出現により、パディントンの身に危険が迫る。

主題歌「Little Hero」は、AIが脚本から感じたメッセージや、パディントンへの思いを込めた楽曲。「今回は全部英語で作ったので、わたしにとってもチャレンジでした。監督の映画に対する思いをどう表現したらよいか、かなり迷いました」と明かし、「いろいろな方に協力してもらって、素晴らしい曲ができあがりました。“Heroes can be small”勇気さえあれば、どんなに小さくても、どんな人でも、それこそ動物だって、誰もがヒーローになれる『見た目だけで判断しないで』という歌詞に、そんな思いも込めました」と語っている。

同曲は、9月9日からはじまるAIのコンサートツアー「和と洋」で初披露されることが決まっており、会場にはパディントンも応援に駆けつける予定。10月25日発売予定のアルバム「和と洋と。 DELUXE EDITION」にも収録される。日本語吹き替え声優を松坂桃李古田新太斉藤由貴三戸なつめらが担当する「パディントン2」は2018年1月から全国公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
パディントン2(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入
パディントン[Blu-ray/ブルーレイ]

パディントン[Blu-ray/ブルーレイ]

1958年に第1作が出版されて以降、世界40カ国以上で翻訳され、3500万部以上を売り上げるイギリスの児童文学「パディントン」シリーズを初めて実写映画化。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース