上田竜也連ドラ初主演「新宿セブン」に中村倫也、大野いと、夏木マリら出演!

2017年9月7日 07:00

中村倫也が上田竜也のバディに!
中村倫也が上田竜也のバディに!

[映画.com ニュース] 「KAT-TUN」の上田竜也が連続ドラマ初主演を飾るテレビ東京系「新宿セブン」の共演陣が、このほど発表された。中村倫也大野いと野波麻帆田中哲司工藤綾乃嶋田久作田中哲司夏木マリと、多彩な面々が名を連ねている。

原作は「漫画ゴラクスペシャル」(日本文芸社刊)で連載中の同名人気コミック。東京・新宿歌舞伎町の質屋店主で、抜群の鑑定眼を持ったアウトローな主人公・七瀬(上田)が物の真贋を見極めると同時に、知的好奇心をくすぐる鑑定品の情報や、本格的なアクションシーンを盛り込みながら、依頼人の悩みや事件を解決していく姿を描く。

テレ東深夜ドラマの常連で、幅広い演技力で人気を博す中村は、七瀬の下で鑑定士見習いとして働く大野健太役に。七瀬とはバディの関係性となるだけに、「凸凹コンビというか、物語の真ん中にいる人の2タイプだと思うんです」と話したうえで、「物語の中のヒーロー像と、いろんな出来事から成長していく人。物語の両方の役割を担っているので、七瀬がヒーローで、秘められた過去があったりして。健太は健太でいろんな出会いがあって成長していく話だと思うので、もちろん、上田さん演じる七瀬が主人公ですけど、横の二本軸になれたらいいなと。そういう意味で、混ざりすぎず離れすぎずというか、楽しいやりとりだな、と横にいて思います」と語っている。

画像2

さらにテレ東連続ドラマ初出演となる大野は、七瀬&健太の前に現れる記憶喪失の女性・水月華役。役づくりについて「監督からは繊細な表現の役づくりをと言われています。 記憶喪失の役なので、キャストの皆さんのお芝居を感じ取りながらお芝居できたらと思っています。 記憶喪失の役は初めてなので、記憶喪失になった方の本などを 読んで演技の参考にしています」と明かす。同じく同局ドラマ初参加の夏木は、七瀬が足繁く通う餃子屋店主・シノブ役に扮しており、「コミックが面白かったです。脚本もいいですね。あと、テレ東のこの枠は興味があったものですから、GOしました! 『ドラマ24』枠面白いですよね。攻めていて。これまでの他の作品も見てますよ!」とコメントを寄せた。

ほか野波はコリアンバー「エルドラド」のママ・宝生エリカ役、工藤はエルドラド従業員・楓役、嶋田は歌舞伎町を仕切るマフィア・王役、田中が目的のためには手段を選ばない刑事・近藤昭人役を担っている。「新宿セブン」は10月13日から毎週金曜深夜0時12分に放送。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース