ミラ・クニス&ケイト・マッキノン、スパイコメディで親友役 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2017年4月5日 > ミラ・クニス&ケイト・マッキノン、スパイコメディで親友役
メニュー

ミラ・クニス&ケイト・マッキノン、スパイコメディで親友役

2017年4月5日 19:30

親友コンビを演じるふたり「バッド・ママ」

親友コンビを演じるふたり
写真:REX FEATURES/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ライオンズゲートの新作コメディ「The Spy Who Dumped Me(原題)」に、女優ミラ・クニスケイト・マッキノンが出演交渉中だ。

米Deadlineによれば、クニスとマッキノンは親友コンビを演じる模様。2人のうち片方を振った元恋人が実はスパイであることが発覚し、国際的な陰謀に巻き込まれるというストーリー。

脚本はスザンナ・フォーゲルとデビッド・アイサーソンが共同執筆しており、フォーゲルが監督も務める。ブライアン・グレイザーがプロデュースを手がけ、今夏クランクインの予定だ。

クニスは、大ヒットコメディ「バッド・ママ」の続編「A Bad Moms Christmas(原題)」が、11月3日に全米公開されることが決定。「サタデーナイト・ライブ」のレギュラーキャストで、リブート版「ゴーストバスターズ」で注目を集めたマッキノンは、スカーレット・ヨハンソンと共演したR指定コメディ「Rough Night(原題)」が6月16日から全米公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報