「少女椿展」が5月に六本木で開催!原画、コラージュ、等身大人形を展示

2016年4月30日 20:30

カルト漫画「少女椿」の世界を凝縮!
カルト漫画「少女椿」の世界を凝縮!

[映画.com ニュース] モデルの中村里砂主演で実写映画化されるカルト漫画「少女椿」の世界を凝縮した展覧会「マルヲ・ワールド『少女椿展』」が、5月7~9日に東京・六本木ストライプハウスギャラリーで開催されることが決定した。

映画公開を記念して開催される本展覧会は、見世物小屋を彷彿させる空間演出をはじめ、原画、版画、コラージュといった原作者・丸尾末広氏の作品を展示。さらにゲスト作家による等身大みどりちゃん人形やオブジェもお披露目される。参加するのは、映画版のメガホンをとったTORICO監督、アーティストのARUTA SOUP、KOMESENNIN、SPACE MONKEY、廣重さよ子、オブジェ作家の菊地拓史、スタイリストの小松夕香、人形作家の清水真理、衣、森馨ら。このほか書籍やグッズ販売もあり、入場料は1000円(税込み)。

さらに、TORICO監督、美学者の谷川渥、映画で鞭棄を演じた佐伯大地によるトークショー「少女椿 クロストーク」が、5月7日に東京・六本木ストライプスペースで開催されることが決定。価格は2500円(税込み・ドリンク付き)。定員60人のため先着・予約制で、申し込みは公式メールアドレス(maruoworld.talkshow@gmail.com)から受け付ける。

個性的な団員ばかりのサーカス団で下働きとして働く14歳の少女みどりの姿を描く映画「少女椿」は、5月21日から全国で順次公開。R15指定。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

(C)2016『少女椿』フィルム・パートナーズ

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース