【パリ発コラム】ハロウィンよりも吸血鬼が人気? パリで盛況のバンパイア展

2019年11月5日 10:00

パリのシネマテークで開催中のバンパイア展「VAMPIRES de Dracula a Buffy」
パリのシネマテークで開催中のバンパイア展「VAMPIRES de Dracula a Buffy」

ヨーロッパ、特にフランスではハロウィンはあまり馴染みがないが、バンパイアは根強い人気がある、ということをあらためて確認させられたのが、現在パリのシネマテーク(www.cinematheque.fr)で開催中のバンパイア展「VAMPIRES de Dracula a Buffy」だ。ヨーロッパにおけるドラキュラ伝説の、映画のみならず文学、絵画、そして現代のポップカルチャーへの影響を追った展覧会は、大人から子供まで連日多くの観客で賑わっている。

本展ではテーマごとに、「歴史的」「詩的」「政治的」「官能的」「ポップ」という5つの観点に分けて作品や資料を展示。クラウス・キンスキーベルナー・ヘルツォークの「ノスフェラトゥ」で被ったマスクや、石岡瑛子によるフランシス・フォード・コッポラドラキュラ(1992)」の衣装やデザイン画、ニール・ジョーダンの「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」でトム・クルーズキルステン・ダンスト(子供サイズ!)がつけたサンディ・パウエルによる衣装などの他、ゴヤの素描、バスキアやアンディ・ウォーホルの作品も。また「ポップ」のコーナーでは、丸尾末広の「笑う吸血鬼」など日本の漫画も紹介されている。

バンパイアが、ゾンビやフランケンシュタインと並んで映画の題材として普遍的な人気を保ち、古今東西監督たちを惹きつけてきた理由を、本展のキューレーションを務めたシネマテークのマチュー・オルレアン氏はこう分析する。

「神秘的で実態をもたないバンパイアにまつわる抽象的、観念的なイメージは、幻想を作り出す映画というメディアにとって打ってつけであり、監督にとっては演出という点でとても興味深い題材です。さまざまに姿形を変えたり、ときに霧のように消滅するバンパイアを映像としてどう表現するか。バンパイアの存在は映画のフォルムに多大な影響を及ぼす。そういう点で歴史的に、古くはF・W・ムルナウカール・ドライヤーからコッポラ、ヘルツォーク、ティム・バートンジョン・カーペンタージム・ジャームッシュといった大監督たちが飽くことなくバンパイア映画に挑んできたのも、納得できます。いわば映画そのものが伝統的にバンパイアの餌食になってきたとも言えますね」

シネマテークでは展覧会と同時に、バンパイア映画特集も開催。このプログラムの豊富さがまた心憎い。先出の監督たちの作品や、ベラ・ルゴシピーター・カッシングクリストファー・リーといった歴代人気バンパイア俳優の作品はもちろん、最近HDに修復されたシャルル・マットンの「SPERMULA」、マイケル・アルメレイダの「NADJA」、そしてもちろんトニー・スコットの「ハンガー」などのカルト作も勢揃い。先日は、それほどレアではないコッポラの「ドラキュラ」が、413人収容のアンリ・ラングロワ・シアターをソールドアウトにした(わたしも入れませんでした)。さすがは“映画館”文化が根付くフランスである。

特集上映は11月までだが、展覧会は1月19日まで開催されている。(佐藤久理子)

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ランチ・レディース
  • ナイト・オブ・ザ・スラッシャー
  • ザ・チェアマン
  • ヘア・ウルフ
  • ヒットマン:ザ・バトルフィールド
  • ヘイヴンハースト
  • 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章【真説・四谷怪談 お岩の呪い】
  • アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者
  • 封印映像33
  • カルト
OSOREZONE

Powered by 映画.com