「変態仮面」続編、すれ違う思いと“再起動”描いた予告編完成 主題歌は謎の覆面ユニット&南波志帆

2016年3月21日 05:00

スケールアップした「変態仮面」が帰ってくる
スケールアップした「変態仮面」が帰ってくる

[映画.com ニュース] 福田雄一監督と鈴木亮平がタッグを組んだ映画「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」の予告編と本ポスターが完成。あわせて同作の主題歌が、覆面ユニット「CTS」と歌手・南波志帆がコラボレーションした楽曲「WAVINESS feat.南波志帆」になることが発表された。

同作は、あんど慶周氏による漫画「究極!!変態仮面」を原作に、女性用パンティを被ると超人的な力を発揮し、変態仮面へと変身する主人公・色丞狂介(しきじょうきょうすけ)の活躍を描いた「HK 変態仮面」(2013)の続編。狂介/変態仮面を演じる鈴木のほか、ヒロイン・愛子役の清水冨美加ら前作のキャストが続投し、新たに柳楽優弥らが参戦する。

予告編は、数え切れないほどのパンティが空を舞い、パンティが続々と消えるという新たな事件や、柳楽演じる新キャラクターの真琴正が「変態仮面は死んだんですから」と言い放つ場面から始まる。そんな中、狂介と愛子の思いはすれ違い、狂介は自分のせいで愛子を危険な目に遭わせていると苦悩するが、再び愛子が敵に捕らわれてしまったことから再起動。「エクスタシー!!」「フォオオオオオ!!」など、おなじみの奇声を発しながら敵との戦いに突入し、ビル街を自在に飛び回る華麗なアクションが繰り出される。

この予告編や、崩壊する世界を背景に、愛子を抱きかかえる変態仮面が描かれたポスターから、前作を越えるスケールの大きさと緊迫感に満ちた映画本編を予感させる。

CTS&南波志帆が主題歌を歌う
CTS&南波志帆が主題歌を歌う

また、そんな同作の主題歌を、ボーカルのCircle(サークル)、シンセサイザーのTriangle(トライアングル)、DJのSquare(スクエア)の3人で構成される謎の覆面ユニット「CTS」が担当することが決まった。本格派のダンストラックをバックに、憂いを帯びたメロディと歌詞で注目される存在で、作り出す音の特徴が「哀愁」であることから、己の性(さが)と葛藤し続ける異色ヒーローの変態仮面とマッチするとして、起用が決まった。

主題歌となる「WAVINESS feat.南波志帆」は、透き通った歌声が「マジックボイス」と称される歌手の南波とコラボレーションした楽曲。南波は「私は愛子さんの純粋さを表現出来たらと思い、彼女に寄り添うような気持ちで歌わせていただきました」とコメント。また、南波は映画本編にも「ちらっと出演させていただきました」という。同主題歌は予告編の中で確認することができる。

HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」は5月14日全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
HK/変態仮面 アブノーマル・ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ]

HK/変態仮面 アブノーマル・ブルーレイ[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥4,319

1992~93年にかけて「週刊少年ジャンプ」で連載された伝説的な人気漫画「究極!!変態仮面」を実写映画化。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース