「スター・ウォーズ エピソード8」キャスト候補に新進女優3人の名が浮上

2015年9月3日 11:00

左からタチアナ・マズラニー、ジーナ・ロドリゲス、オリビア・クック 写真提供:アマナイメージズ
左からタチアナ・マズラニー、ジーナ・ロドリゲス、オリビア・クック 写真提供:アマナイメージズ

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ エピソード8(仮題)」の女性キャストの候補として、カナダ人女優タチアナ・マズラニー、米女優ジーナ・ロドリゲス、英女優オリビア・クックの名が挙がっていることがわかった。

米The Wrapによれば、新たなる3部作の第1作でエピソード7にあたる「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の出演者ジョン・ボヤーガと候補者との読みあわせが先月末に行われ、好相性だったのが上記の3人だという。しかし、キャスティングはまだ始まったばかりのため、脚本も兼ねるライアン・ジョンソン監督はその他の新進女優もオーディションする予定だという。

テレビシリーズ「オーファン・ブラック 暴走遺伝子」で複数のクローン人間を演じ分けているマズラニーは、「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ第1弾「ローグ・ワン:ア・スター・ウォーズ・ストーリー(原題)」でも主人公の最終候補に残っていた。ロドリゲスはコメディドラマ「ジェーン・ザ・ヴァージン(原題)」で第72回ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞した注目株。「ベイツ・モーテル」のメインキャストであるクックは、今年のサンダンス映画祭でグランプリと観客賞の2冠を制した「Me and Earl and the Dying Girl(原題)」でヒロインを演じている。

「スター・ウォーズ エピソード8」に関しては、プロットをはじめ、ボヤーガら「フォースの覚醒」のキャストたちの続投についても公表されていないが、オスカー俳優のベニチオ・デル・トロがまもなく悪役として出演契約を結ぶとみられている。2017年5月26日に全米公開予定。

スター・ウォーズ フォースの覚醒」は12月18日公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース