高良健吾、芥川龍之介に!「密のあわれ」で真木よう子に続き幽霊役

2015年8月31日 06:00

「蜜のあわれ」で芥川龍之介に扮する高良健吾
「蜜のあわれ」で芥川龍之介に扮する高良健吾

[映画.com ニュース] 俳優の高良健吾が、石井岳龍監督の最新作「蜜のあわれ」に出演し、大正時代を代表する小説家・芥川龍之介に扮していることが明らかになった。

大正期に活躍した詩人・小説家の室生犀星の「蜜のあはれ」を映画化するもの。犀星の理想の“女(ひと)”の結晶といわれ、変幻自在の金魚の姿をもつ少女・赤子と老作家の会話で構成された、超現実主義的小説だ。赤子を二階堂ふみ、老作家を大杉漣、老作家の過去の女・田村ゆり子の怪しげな幽霊を真木よう子が演じている。

高良が息吹を注ぐ芥川は、実際に犀星の近所で暮らし、死の前日にも犀星を訪ねたというほど親交が深かったという。アクタガワ役(劇中の役名)に挑んだ高良は「10代の頃、監督の作品に頭を撃ち抜かれた記憶があります。監督は現場でも、とてもかっこよかった。紳士だった。ロックだった」と心酔した模様。さらに、「僕は芥川龍之介の幽霊の役です。幽霊役も来るようになったかと不思議な喜びも感じました。石井岳龍監督の世界に参加できた喜びを感じています」と撮影を振り返っている。

メガホンをとった石井監督は「アクタガワの役は、最初から彼しか考えられなくて、どうしてもとプロデューサーに無理強いしました」と高良の才能を高く評価。そして、「努力家でじっくり役をつかんでいくタイプですね。久々にキレた方向の役だと思いますが、国民的作家の元祖があの世からよみがえり、鋭くすべてを射抜くような眼力で狂的な熱を発し微笑む姿を、静かに熱演してくれています。圧巻です」と今作での演技についても絶賛している。

蜜のあわれ」は、2016年に全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 実写「るろうに剣心」最終章、撮影現場レポート なぜ続編撮影に5年かかったのか?裏に潜む“前作超え”の重圧

    1

    実写「るろうに剣心」最終章、撮影現場レポート なぜ続編撮影に5年かかったのか?裏に潜む“前作超え”の重圧

    2021年3月6日 12:00
  2. 神木隆之介、菅田将暉主演ドラマで人生初の金髪姿!「もともと強い憧れがありました」

    2

    神木隆之介、菅田将暉主演ドラマで人生初の金髪姿!「もともと強い憧れがありました」

    2021年3月6日 05:00
  3. 「とよはし映画祭2021 オンライン」トークゲストに岡田健史、伊藤沙莉、加藤ローサら

    3

    「とよはし映画祭2021 オンライン」トークゲストに岡田健史、伊藤沙莉、加藤ローサら

    2021年3月6日 12:00
  4. 「ちびまる子ちゃん」春のスペシャル月間に神谷浩史、梶裕貴が出演 梶は作中で歌舞伎「外郎売り」を披露

    4

    「ちびまる子ちゃん」春のスペシャル月間に神谷浩史、梶裕貴が出演 梶は作中で歌舞伎「外郎売り」を披露

    2021年3月6日 20:00
  5. 米映画史上最大の問題作「マンディンゴ」新場面写真 「フライシャー天才!」黒沢清監督らがコメント

    5

    米映画史上最大の問題作「マンディンゴ」新場面写真 「フライシャー天才!」黒沢清監督らがコメント

    2021年3月6日 18:00

今週