山本美月「私が一番の幸せ者」サプライズのピカチュウ・バースデーケーキに感涙

2015年7月18日 18:40

思わず涙腺が緩んだ山本美月
思わず涙腺が緩んだ山本美月

[映画.com ニュース] 人気アニメ映画シリーズの最新第18作「ポケモン・ザ・ムービーXY 光輪の超魔神フーパ」が7月18日、全国364スクリーンで封切られた。メイン館の東京・有楽町のTOHOシネマズ日劇には、主人公・サトシ役の松本梨香をはじめゲスト声優の藤原竜也山寺宏一中川翔子山本美月篠原信一が集結。この日で累計の観客動員が7000万人を突破する予定で、節目の大記録を満場のファンとともに祝った。

物語のカギを握る青年バルザ役の藤原は、「何度も篠原さんに奪われそうになりながら、オーディションで役をゲットしました。これまでは子どもに敬遠される映画が多かったので、すごく神聖な気持ちです」と、ジョークを交えながらも感激の面持ち。「多くの子どもに愛される歴史ある作品。自分としても振り返った時に残る作品になった。貴重な経験でした」と語った。

その篠原はヒポポタスというポケモンの役で声優初挑戦だったが、「もともとバルザって聞いていたんですけれどね」と意に介さない様子。松本の「ウソだ」という指摘も聞こえていないようで、「まあ、来年もお願いしますよ。僕は歌も歌えますんで」と、湯山邦彦監督にレギュラー入りをアピールした。

同時上映の短編「ピカチュウとポケモンおんがくたい」のナレーションを務めた山本は、この日が24歳の誕生日。篠原の「なんかあるんじゃないの?」というフリと同時に、同作の主題歌を担当した6人組「Little Glee Monster」が「ハッピーバスデー」を合唱しながら24匹のピカチュウが乗った巨大バースデーケーキがサプライズで登場すると、思わず涙腺が緩んだ。

幼少の頃からのポケモン・ファンで「7000万人のうち数人は私ですが、その中でも一番の幸せ者です」と声を詰まらせた山本。主題歌にも参加しており、「音楽が苦手であまりカラオケにも行かないけれど、本気で歌わせてもらった。これからもコンプレックスを克服できるお仕事をしていきたい。素敵な24歳にします」と宣言していた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース