今秋放送「ルパン三世」、音楽を大野雄二が担当 PV映像には謎の美女も登場

2015年4月29日 18:10

今度はイタリアの街を舞台にルパンたちが活躍
今度はイタリアの街を舞台にルパンたちが活躍

[映画.com ニュース] モンキー・パンチ氏原作の国民的アニメ「ルパン三世」の新シリーズの放送時期と放送局が決定。今秋、日本テレビほかにて放送されることがわかった。さらに、音楽を「ルパン三世のテーマ」を生んだ大野雄二が担当していることも明らかになった。

スピンオフ作品を除けば、1985年に放送終了した「ルパン三世 PARTIII」以来30年ぶりの「ルパン三世」テレビシリーズとなる同作は、イタリア、サンマリノ共和国を舞台に、ルパンと仲間たちの新たな活躍を描く。イタリアでは5月から世界に先駆けて放映が開始され、日本では今秋から日本テレビほかにて放送されることが決まった。

また、友永和秀総監督など既発表のスタッフ陣に加え、音楽を「ルパン三世のテーマ」を生んだ大野が担当することが明らかに。30年ぶりのテレビシリーズ参加となる大野は、「ルパン三世のテーマ」も新たにレコーディングし、「どまん中のルパンが帰ってくる。これぞルパンサウンド! そんな音楽をお楽しみに」とコメントを寄せている。

4月24日には作品公式サイト(http://lupin-new-season.jp/)で本編映像を使用したプロモーション映像も配信を開始。実際にイタリアの地を訪れた制作陣によって作り上げられた世界観や、その中で駆け回るルパンたちの姿を堪能することができほか、ルパンと一緒に空を飛ぶ謎の美女の姿を確認することができる。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

原作:モンキー・パンチ (C)TMS

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース