ピクサー最新作「インサイド・ヘッド」、米シネマコンで初お披露目

2015年4月25日 09:30

「インサイド・ヘッド」の一場面
「インサイド・ヘッド」の一場面

[映画.com ニュース] 米ラスベガスで開催中の興行主向けコンベンション「シネマコン」で、ピクサーの新作「インサイド・ヘッド」が初披露された。

同作は「モンスターズ・ユニバーシティ」以来となるピクサーの最新作で、少女の頭の中を舞台にした意欲作。舞台挨拶を行ったピート・ドクター監督(「モンスターズ・インク」「カールじいさんの空飛ぶ家」)によれば、自らの子育てがインスピレーションになっているという。

カールじいさんの空飛ぶ家」で子ども時代のエリーの声を担当しているドクター監督の娘は、11歳になると突然不機嫌になったという。「『彼女の頭の中はいったいどうなっているんだ?』と考え始めたことから、『インサイド・ヘッド』の構想が生まれたんだ」。

しかし、頭の中を舞台にした意欲作のため、完成までに5年の歳月が必要だったという。劇場関係者に向けて公開された同作の反応は上々で、上映中は笑い声とともに感動で鼻をすする音が会場に響き渡った。カンヌ映画祭でプレミア上映される予定で、日本では7月18日から全国で公開。

(映画.com速報)

モンスターズ・ユニバーシティ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ]

モンスターズ・ユニバーシティ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥3,490

映画『モンスターズ・インク』から生まれたキャラクター、マイク&サリーが出会う学生時代を舞台に、夢と友情と心躍る冒険を描いたファンタジー・アドベンチャー。
カールじいさんの空飛ぶ家 3Dセット[Blu-ray/ブルーレイ]

カールじいさんの空飛ぶ家 3Dセット[Blu-ray/ブルーレイ]

妻を亡くし一人になったことを契機に、一世一代の冒険へと旅立つ老人が繰り広げる冒険を通じ、果てなき可能性のある人生の素晴らしさを描いたハートウォーミング・ストーリー。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース