菅野美穂、ディズニー最新作の世界初上映に歓喜「東京を選んで頂いて嬉しく思う」

2014年10月24日 07:10

ワールドプレミアを迎え歓喜する菅野美穂
ワールドプレミアを迎え歓喜する菅野美穂

[映画.com ニュース] 第27回東京国際映画祭のオープニング作品に選出された、ウォルト・ディズニーの最新作「ベイマックス」が10月23日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで上映された。ワールドプレミアとなるこの日、日本語吹き替え版で声優を務めた菅野美穂小泉孝太郎らが舞台挨拶に駆け付けた。

菅野は小泉、製作総指揮のジョン・ラセタードン・ホールクリス・ウィリアムズ両監督らと登壇。そして、「ベイマックスチームの皆さんが何年もかけて作ってこられた作品。世界で初めてお客さんに見て頂く日に、東京を選んで頂いたことを嬉しく思います」と感動しきりの様子で語った。

小泉は、同映画祭に参加し「改めて東京のエネルギーを感じた」と語り、「この場所にいること、ディズニーの作品の中に入ったこと、両方、夢見心地ですね」と笑顔を見せた。今回の上映のために作品を完成させたというホール監督は、「日本の文化に非常に触発されたベイマックスが東京でワールドプレミアを行うのは、本当に相応しいと思います。ありがとうございます」と謝意を示した。

ラセターは、「我々は日本の心が好きです。日本は私にとって特別な場所で、宮崎駿監督、鈴木敏夫さんとの友情もありますし、たくさんのインスピレーションを受けています。この映画からその愛を感じて頂けたらと思います」と日本愛をアピール。そして、「私たちはカリフォルニアから来たアニメオタクです。この偉大な映画祭のオープニングに選ばれたことを誇りに思います。アリガトウゴザイマス!」と挨拶した。

第26回東京国際映画祭は10月31日まで開催。「ベイマックス」は12月20日から全国で公開される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース