ジャン=ピエール・レオが初来日「大人は判ってくれない」撮影秘話語る

2014年10月11日 18:30

初来日した仏俳優ジャン=ピエール・レオ
初来日した仏俳優ジャン=ピエール・レオ

[映画.com ニュース] 10月21日に没後30年を迎える仏巨匠の全作品を上映する「没後30年フランソワ・トリュフォー映画祭」開催を記念し、1959年公開の「大人は判ってくれない」で主演を務めたジャン=ピエール・レオが初来日し、撮影当時の思い出を語った。

ヌーベルバーグの代表作として知られる「大人は判ってくれない」は、トリュフォーの長編初監督作で、監督自身の少年時代を色濃く反映させた自伝的作品。レオは13歳のときにオーディションで主役のアントワーヌ・ドワネル役を射止めた。その後もトリュフォーの「二十歳の恋」「夜霧の恋人たち」など4作で成人したドワネル役を演じたほか、「恋のエチュード」「アメリカの夜」に出演した。

レオは現在70歳。会場からの大きな拍手で迎えられ「『大人は判ってくれない』は私にとって、プロビデンス、いわば神の摂理のようなものです。そのプロビデンスによってトリュフォーに会うことができました。そして、アントワーヌ・ドワネルという登場人物の誕生でもあります」と語り、観客からの質問に答えた。

劇中でドワネルが鑑別所行きの護送車の中、夜のパリの街を見ながら涙を流すシーンで、その時に何を思っていたのか問われると「素晴らしい仕事をしているとき、時々奇跡のような瞬間があります。撮影は冬で、ひどい風邪をひいていました。ですから自然に涙が出たのです。これが映画の神の恩寵です」と明かした。

トリュフォーとともにヌーベルバーグをけん引したジャン=リュック・ゴダールの作品にも数多く出演した。盟友同士だった両監督は68年の5月革命後から、作品の方向性の違いにより仲違いしたが、近年のゴダールの作品について意見を求められたレオは「答えは簡単です。生きているからといって勝利者となれるわけではありません」ときっぱりと言い放ち、会場の笑いを誘った。

「没後30年フランソワ・トリュフォー映画祭」は角川シネマ有楽町で開催中。

(映画.com速報)

大人は判ってくれない/あこがれ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ]

大人は判ってくれない/あこがれ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥4,496

フランスを代表する映画監督、フランソワ・トリュフォーが残した珠玉のラブストーリー。
ウィークエンド[Blu-ray/ブルーレイ]

ウィークエンド[Blu-ray/ブルーレイ]

最安価格: ¥1,650

パリに住むブルジョワ夫婦のロランとコリンヌは、毎週週末に二人で彼女の実家へ行く。金と愛人、互いの思惑や移動中のエピソードが絡み合い、二人に思わぬ展開がおきていく…。

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース