森川葵、同世代女子だらけの撮影は「素をさらけ出して居心地良かった」

2013年8月17日 21:00

制服姿で登壇した森川葵、門脇麦ら
制服姿で登壇した森川葵、門脇麦ら

[映画.com ニュース] 写真家・青山裕企氏による人気写真集「SCHOOL GIRL COMPLEX」を原案にした青春映画「スクールガール・コンプレックス 放送部篇」が8月17日、東京のシネ・リーブル池袋ほか全国で公開初日を迎え、主演の森川葵ほか、共演の門脇麦寿美菜子小沼雄一監督、青山氏らが舞台挨拶に立った。

思春期の女の子の無防備で挑発的な瞬間を切り取った写真集を原案に、少女同士の甘酸っぱい恋愛を描いた青春群像劇。ファッション誌「seventeen」専属モデルの森川は、「撮影からちょうど1年。こうして見てもらえるのが幸せ」とニッコリ。同世代の女の子だらけの撮影現場は、「『きゃぴきゃぴしていましたねー!』って言えればいいんですけど、女の子同士なので素をさらけ出していた感じで居心地良かった。みんなで一緒にかき氷作ったり、厳しい監督の指導もあり、とても楽しかった」と振り返った。

物語の鍵を握るチユキ役を演じた若手注目株の門脇は、「季節感もぴったり。この時期に公開できてうれしい」。声優として活躍する寿は放送部顧問役を演じ、「みんなと年齢的にがっつり離れているわけじゃないし、制服も着たかったなーと思いつつ、もうそういうポジションになったんだなと。現場に入ったらみんなが『先生!』って迎えてくれたのがうれしくて、芝居もやりやすかった」と語った。

小沼監督は、「僕もいいおじさんで娘が中学生になるくらいなので、娘がいっぱい増えたという感じ。放送部という設定なので、実際に取材したままの発声や朗読の練習をたくさんやった。それがうまく映画に反映されていたんじゃないかと思う」と手応え。青山氏も、「写真集が映像となると随分雰囲気が変わる。色々な打ち合わせにも参加し深く関わらせてもらった。写真集が映画になるなんてなかなかできない経験なので感無量」と語った。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース