オルガ・キュリレンコ、テレンス・マリック監督との出会いは「最高の奇跡」

2013年8月8日 15:00

「トゥ・ザ・ワンダー」の一場面
「トゥ・ザ・ワンダー」の一場面

[映画.com ニュース] 巨匠テレンス・マリックベン・アフレックを主演に迎え、男女の移ろいゆく愛を描きだした新作「トゥ・ザ・ワンダー」が、8月9日に公開される。アフレック演じる男性との間に生まれた愛に翻ろうされる、シングルマザーのマリーナを演じたオルガ・キュリレンコが、マリック監督との作品づくりを振り返った。

キュリレンコと本作の出合いは、シナリオもない1枚のメモによるオーディションだった。セリフを言葉にするのではなく、思い描いたキャラクターが表情に現れるかどうかが試され、むきだしの演技が引き出されたという。撮影開始後もシナリオが用意されることはなく、マリック監督との会話のなかですべてが与えられた。「彼がシナリオを与えないのは、事前に用意されたもので俳優に演技してほしくないから。その瞬間の反応を俳優に求めているのよ」。キュリレンコは撮影を通して、役どころから抜け出せなくなるほどに一体となった。

本作は、マリック監督による愛と信念についての物語だ。近年のマリック作品でおなじみの名匠エマニュエル・ルベツキが手がけた美しい映像で、危うい愛の本質に迫る。キュリレンコは、マリック監督と多くを語り合い、「恋愛のあり方は人それぞれで、ひとつひとつ異なっている。この物語はいろいろな形の愛を見せているし、とても広義な意味での愛について語っているわ。真実を学び人生を送るためには、多くの苦痛を切り抜けなければならない時もあるわ。でもそうやって人は学んでいくと思うの」

2カ月におよぶ撮影期間を通して、「いつだって撮影をしていたから、私たちは皆、ずっとキャラクターのままでいたわ。私はマリーナとして、ずっと彼(アフレック演じるニール)の愛を探し続けなければならなかった」。アフレックら共演者とは、「同じ内容を知っているかどうかさえ、知らなかった」とマリック監督と語った言葉を共有することもなかった。だからこそ、内側からにじみ出す生々しい心の移ろいがカメラに収められている。

物語の全体が見えない中での演技に、恐怖心はなかったのだろうか。自らの演技が正しいかわからないと悩む俳優がいる一方で、「どうするべきかわからないからワクワクしたわ」と明かす。「まるで大事な試合みたいで、あらゆる可能性に向かって、いつだって生き生きしているの。いつだって進行中だし、いつだって何かが起きて、クリエイティブな時間があるから、ただ座っているなんて絶対ないのよ。彼(マリック監督)の映画で退屈したことなんて一度もなかったわ」

本作が完成した今、キュリレンコはマリック監督に「彼は素晴らしい映画監督だけれど、素晴らしい人間でもあるわ。人の真実を見ているし、深遠な事柄にだけ関心があって-表面的なことには全然関心がないわ。その人の中身がすべてなのよ」と全幅の信頼を置く。「この映画を心の底から楽しんだわ。素晴らしい時間を過ごせたし、できるものならもう一度やりたい」と充実感をにじませ、「テリー(マリック監督)と仕事をすると、俳優としてとても大きく成長するの。テリーに会えてこの映画に出るチャンスをもらえて、本当に感謝しているわ。だって私の人生で起こった最高の奇跡のひとつですもの。テリーとの出会いは偶然だし、彼は唯一無二の存在だし、しかも限られた本数しか映画を作らないのに、そこに参加できたのはとても特別なことだったわ」

トゥ・ザ・ワンダー」は、8月9日から全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
オブリビオン ブルーレイ&サントラ・ショートエディションCD(e...[Blu-ray/ブルーレイ]

オブリビオン ブルーレイ&サントラ・ショートエディションCD(e...[Blu-ray/ブルーレイ]

記憶を消し去り、ひとり人類のいない地球を守る孤高のヒーロー。彼はなぜ、ひとり地球を守るのか。消された記憶に何が隠されているのか。トム・クルーズ主演のSFアクション!!出演:オルガ・キュリレンコ
シン・レッド・ライン[DVD]

シン・レッド・ライン[DVD]

第2次大戦下のガナルカナル島を舞台に、生と死の間で戦う兵士たちが体験する様々な思いを描いた戦争ドラマ。監督:テレンス・マリック

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. サンライズチャンネルがリニューアル 「ザンボット3」「ライジンオー」「ボトムズ」など同社作品が無料配信

    1

    サンライズチャンネルがリニューアル 「ザンボット3」「ライジンオー」「ボトムズ」など同社作品が無料配信

    2021年3月7日 10:00
  2. 性描写、暴力、宗教……あの日本人監督作も フランスで公開時に物議を醸した10本

    2

    性描写、暴力、宗教……あの日本人監督作も フランスで公開時に物議を醸した10本

    2021年3月7日 22:30
  3. 【「キンキーブーツ」評論】溢れる高揚感! “映画のミュージカル化”のお手本のような痛快作を映画館で満喫

    3

    【「キンキーブーツ」評論】溢れる高揚感! “映画のミュージカル化”のお手本のような痛快作を映画館で満喫

    2021年3月7日 17:30
  4. 佐野勇斗「ドラゴン桜」に参戦! 桜木の“過去”の教え子役

    4

    佐野勇斗「ドラゴン桜」に参戦! 桜木の“過去”の教え子役

    2021年3月7日 07:00
  5. ジュリア・ロバーツ&ジョージ・クルーニーが元夫婦役に 新作ロマコメで共演

    5

    ジュリア・ロバーツ&ジョージ・クルーニーが元夫婦役に 新作ロマコメで共演

    2021年3月7日 12:00

今週