若松監督へ届け!「千年の愉楽」封切り 寺島、高良、井浦ら決意の初日挨拶

2013年3月9日 13:58

「千年の愉楽」初日挨拶に立った(左から)佐野史郎、 染谷将太、高良健吾、寺島しのぶ、高岡蒼佑、井浦新
「千年の愉楽」初日挨拶に立った(左から)佐野史郎、 染谷将太、高良健吾、寺島しのぶ、高岡蒼佑、井浦新

[映画.com ニュース] 故若松孝二監督の遺作「千年の愉楽」が3月9日、東京・テアトル新宿ほかで公開され、主演の寺島しのぶ佐野史郎高良健吾、高岡蒼佑、染谷将太井浦新が同館で舞台挨拶に立った。

第69回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門に出品された今作は、中上健次氏の代表作が原作。運命に翻弄(ほんろう)されながら命の火を燃やし尽くし死んでいく男たちの姿を、すべてを見続けてきた産婆オリュウノオバの視点で描く。

若松組3作目の参加となった寺島は、「初日はいつでも緊張するけれど、監督が近くにいらっしゃると思う」と感慨深げ。晩年の若松作品の常連だった井浦も、「監督が亡くなってから、この日を目指してみんなで動いてきた。とにかくうれしい」と穏やかな表情で語る。この日はスーツ姿で登壇し、「どんな舞台挨拶でも、僕がネクタイをしてくることはなかなかない。今日は、公開される映画館すべてが聖域。監督が見たら『ネクタイなんかするな!』と怒られそうですね」と笑った。

若松監督に代わり、舞台挨拶の進行を務めた佐野は「若松座長率いる一座の公演が始まったんだという感覚。監督の体はここにないけれど、スクリーンの中にいますから」と自らに言い聞かせるように話した。その思いは、若松組に初参加となった3人も同じだ。「これまでに感じたことのない気持ちを味わえた」(高良)、「今日からスタートです」(染谷)、「初日を迎えられてありがたい気持ちでいっぱい」(高岡)と静かに喜びをかみ締めた。

寺島は前日8日、「ヘルタースケルター」で第36回日本アカデミー賞助演女優賞を受賞しており、授賞式に参加。満面の笑みで「来年のアカデミー賞は『千年の愉楽』がいくんじゃないかな。監督は、『僕はアカデミー会員じゃないから』とおっしゃっていましたけどね。ああいう大きなところに作品が届くには、多くの人に見てもらわなければ」とアピールに努めていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com