菊池亜希子主演「よだかのほし」9月22日公開

2012年7月22日 13:30

[映画.com ニュース] 宮澤賢治の童話「よだかの星」をモチーフにした映画「よだかのほし」(製作・配給:アン・エンタテインメント/制作協力:寿々福堂/後援:銀河プロジェクト)は、9月22日から新宿武蔵野館で公開されることが決まった。

本作は、昨年の東日本大震災後、宮澤賢治のメッセージが再評価されるなか、岩手県・花巻を舞台に、自らの生きる力を取り戻していく主人公の姿を描くもの(82分)。宮澤賢治の生まれ育ったイーハトーブの町・花巻でロケを敢行。撮影は、昨年9月の「花巻まつり」の期間を中心に、主人公のトワが祭りにとけこむ場面やかがり火の鹿踊、イギリス海岸、賢治の井戸、市民の家など、地元の手触りが伝わるロケ地をめぐって撮影された。今年は「花巻まつり」が420周年を迎え、来年は宮澤賢治没後80年と記念イベントが続き、新たに “イーハトーブの花巻” は脚光を浴びている。

都会で気ままに暮らす本郷トワ(28歳)。同郷のおばあちゃん町子さんと出会ったことから、トワは町子さんとの約束を果たすため10年ぶりに故郷の花巻に帰る事になった。トワにとっては、故郷花巻は父との死別で、一度は封印した辛い場所。幼なじみ、祭りの活気、大切な思い出。トワは今を生きる情熱を再生させていく。

主演は、 “文化系女子のカリスマ” 女優の菊池亜希子。本作が「森崎書店の日々」(日向朝子監督/10年)以来の主演作で、現在公開中の「わが母の記」(原田眞人監督・12年)にも出演している。今回の役に対して菊池は、「主人公と同じ世代なので、漠然とした不安の中で社会人として生きる感覚はよく分かった」としている。ほかに北上奈緒佐藤誓、いせゆみこ、と地元岩手出身の俳優陣が参加。脚本・監督は注目の新鋭・斉藤玲子が手掛け、繊細な演出と透明感のある映像感覚が評価されている。(文化通信)

(映画.com×文化通信)

Amazonで今すぐ購入
森崎書店の日々[DVD]

森崎書店の日々[DVD]

最安価格: ¥4,180

新鋭監督・日向朝子と初主演 菊池亜希子のアンサンブルが醸し出す、詩情豊かな都会の日々。古書の街、神保町で普通に生きて暮らしている人々をささやかに丁寧に描いた秀作が、待望のDVD化!
銀河鉄道の夜[DVD]

銀河鉄道の夜[DVD]

宮澤賢治の名作童話「銀河鉄道の夜」を劇場アニメ化した珠玉のファンタジー作品。

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース