窪塚洋介、宮沢賢治の詩を朗読「涙があふれてきた」

2012年4月19日 13:00

宮沢賢治の詩を朗読した窪塚洋介
宮沢賢治の詩を朗読した窪塚洋介

[映画.com ニュース] 映画「モンスターズクラブ」の公開記念イベントが4月18日、東京・渋谷のライブハウスで行われ、劇中音楽を提供した「Signals」の照井利幸、出演の窪塚洋介豊田利晃監督が登場した。

照井は、豊田監督の映像作品をバックに生演奏を披露。クライマックスでは窪塚も加わり、劇中に引用されている宮沢賢治の詩の朗読を披露した。ライブ後のトークコーナーで、読みながらグッと来た瞬間があったと明かした窪塚。「宮沢賢治さんの気持ちがスッと入ってくる時があって、涙があふれてきた。泣きモードみたいな感じで途中から読んだりしていた」と、感慨深げに感想を述べた。

映画は、全米史上最長と言われている爆破事件を起こした爆弾魔、通称“ユナボマー”の存在、そして一連の事件に豊田監督がインスパイアされ、製作された物語。山奥で孤独に生きる男・垣内良一役を瑛太が演じ、良一の兄・ユキ役を窪塚が演じている。

豊田監督の現場について、素晴らしい経験だったと語った窪塚は「現場におごそかな雰囲気すらあった。神聖な場所にいさせてもらっているようだった」と、感謝を示しながら撮影を振り返った。

音楽を照井に依頼した経緯について、豊田監督は「照井さんがマスタリングまでしたのに出さなかったCDがあって。それを(撮影前に)聞かせてもらっていた。撮影中にその曲が頭に流れたので、終わった後すぐ連絡しました」と、起用までのエピソードを明かした。

モンスターズクラブ」は4月21日から公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
源氏物語 千年の謎 豪華版[DVD]

源氏物語 千年の謎 豪華版[DVD]

最安価格: ¥5,104

日本が生んだ偉大なる恋愛小説「源氏物語」の誕生秘話を、光源氏の華麗なる愛と紫式部の秘めた恋の物語を交錯させた大胆な解釈で描き出した歴史絵巻。出演:窪塚洋介
青い春[DVD]

青い春[DVD]

時間を持て余し、退屈な日々を過ごす高校三年生の姿を描いた青春群像劇。出演:豊田利晃

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース