オダギリジョー、審査員に 釜山映画祭史上初のW参加が決定

2011年9月29日 17:47

釜山映画祭で日本人俳優初の審査員に抜てきされたオダギリジョー
釜山映画祭で日本人俳優初の審査員に抜てきされたオダギリジョー

[映画.com ニュース] 俳優のオダギリジョーが、第16回釜山国際映画祭(10月6~14日)のニューカレンツ部門で、日本人俳優として初めて審査員を務めることがわかった。オダギリが主演する日韓合作「マイウェイ 12,000キロの真実」は、製作途中ながら公式会見を実施することが決定。作品と審査員でのダブル参加は、同映画祭史上初となる。オダギリをはじめチャン・ドンゴンファン・ビンビンカン・ジェギュ監督が出席を予定している。

「日本の役者の中でも映画を真剣に選んで見る俳優。年齢は若いけれど、常に新しい視点で映画を見ることができる」という理由から、審査員に抜てきされた。オダギリ本人は、「釜山映画祭に審査員として参加できることを大変うれしく思っています。見まくります」と意欲をのぞかせ、「『マイウェイ 12,000キロの真実』に関しても、まだ完成を見ることはできませんが、あの苦しかった日々を笑い飛ばせる作品になっているはずだと楽しみにしています」とコメントを寄せた。

オダギリはヨン・ファン監督、ロカルノ国際映画祭のオリビエ・ペール執行委員長、中国人女優ジアン・ウェンリーらとともに、アジア12カ国から出品された13作品を審査するほか、自らの主演作のハイライト映像を初鑑賞する。

マイウェイ 12,000キロの真実」は、朝鮮半島から1万2000キロの道の旅路の途中、捕虜として日本、ソ連、ドイツの軍服を着て戦った日本兵の実話をもとに、時代に翻ろうされたふたりの青年がすべてを失いながらぶつかり合う姿を描く。日本では、2012年1月14日から全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「トップガン マーヴェリック」11月19日日米同時公開決定! デザイン2種のムビチケ前売券が発売

    1

    「トップガン マーヴェリック」11月19日日米同時公開決定! デザイン2種のムビチケ前売券が発売

    2021年8月1日 09:00
  2. 【「キネマの神様」評論】沢田研二と志村けんさん、揺るがぬ友情が手繰り寄せた魂の邂逅

    2

    【「キネマの神様」評論】沢田研二と志村けんさん、揺るがぬ友情が手繰り寄せた魂の邂逅

    2021年8月1日 08:00
  3. 「鳩の撃退法」と西武ライオンズがコラボ 藤原竜也がセレモニアルピッチに登板へ

    3

    「鳩の撃退法」と西武ライオンズがコラボ 藤原竜也がセレモニアルピッチに登板へ

    2021年8月1日 10:00
  4. 野田洋次郎「自分を役者だとは思っていなかった」 俳優業の転機、音楽活動との関係性を語る

    4

    野田洋次郎「自分を役者だとは思っていなかった」 俳優業の転機、音楽活動との関係性を語る

    2021年8月1日 13:00
  5. 【「アウシュヴィッツ・レポート」評論】「悲劇はまだ終わっていない」エンドロールで流れる思慮深くも大胆な実験的試み

    5

    【「アウシュヴィッツ・レポート」評論】「悲劇はまだ終わっていない」エンドロールで流れる思慮深くも大胆な実験的試み

    2021年8月1日 17:00

今週