「Dr.ハウス」ヒュー・ローリーが教師役で映画主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年4月15日 > 「Dr.ハウス」ヒュー・ローリーが教師役で映画主演
メニュー

「Dr.ハウス」ヒュー・ローリーが教師役で映画主演

2011年4月15日 19:20

教師役で映画主演「大いなる遺産」

教師役で映画主演
写真:Fame Pictures/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気医療ドラマ「Dr.HOUSE」の天才医師グレゴリー・ハウス役で知られるヒュー・ローリーが、ロイド・ジョーンズのベストセラー小説「ミスター・ピップ」の映画化企画に出演することが分かった。

英ブッカー賞候補になった原作の舞台は、1990年代初頭、パプアニューギニアのブーゲンビル島。内戦を起こし、パプアニューギニア政府によって封鎖された島に唯一残った白人の教師と、授業で読んだディケンズの小説「大いなる遺産」の孤児ピップにみせられた14歳の少女マチルダや子どもたちの物語が展開する。

ローリーは、白人教師のワッツを演じる。製作・監督・脚本を手がけるのは、「シュレック」や「ナルニア国物語」シリーズで知られるアンドリュー・アダムソン。5月からニュージーランドとブーゲンビル島での撮影を予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi